婚活パーティーはフリータイムに突入


まおです。

日曜日に参加した、婚活パーティーの本題に入りたいと思います。

そもそも、今回、婚活パーティーに参加したのは、アドバイザーさんが「まおさんに紹介したい男性が居る」と言われたからでした。

どんなお相手かは、当日のお楽しみと言われたので、お相手の情報は皆無。

但し、最低条件として「タバコを吸わない方である」ということは確認済みでした。

もう、明さんのように、歯の黒い男性はこりごりなので。

スポンサーリンク


年下の男の子

パーティー会場に入ってからは、お相手の男性に、常にどこからか見られているかもしれないという緊張感で一杯。

自己紹介の回転すしタイムが終わると、フリータイムになったのですが、ほどなく両手にジュースを持った、一人の男性が近づいてきました。

『良かったらどうぞ』と、ジュースを差し出してくれたのは、卓さんとおっしゃる29歳の公務員の方。

ありゃ、年下だ!

おまけに童顔で、ぱっと見は22~23歳くらいにしか見えない。

よくよく思い出しても、過去に年下の男性とお付き合いしたことはない。

話をしながら、なんだか弟と話をしているみたいな気がしてピンと来なかった。

内心、この方が、アドバイザーさんが紹介したかった方だったら、困ったなぁと思っていた。

せっかく声を掛けてきてくれて嬉しかったのだが、話は弾まず・・・。

10分程話して、次の話題に困っていたら、タイミング良くアドバイザーさん登場!

スポンサーリンク


年収3,000万円ってホンマでっか?

アドバイザーさんは卓さんに「ちょっと、まおさんをお借りしていいかしら?」と声を掛け、私を連れだしてくれた。

話が弾まなくて困っていたから、正直、助かった!と思っちゃった(^^;)
 

アドバイザーさんは、すぐに私を会場の隅へ連れて行くと、一人の男性を手招きしました。

『この方が、まおさんにご紹介したかった一樹さん。38歳の歯科医師さんよ。』

長身で少し日焼けしたスポーツマン風の男性は「お会い出来て嬉しいです」と言ってにこやかに笑った。

一樹さんが、飲み物を取りに行ってくれた隙に、アドバイザーさんが私の耳元で囁いた。

『一樹さんはね、バツイチなんだけど、年収3,000万で資産家のお坊ちゃんよ』と。

ば・ば・バツイチ!?

と、絶句させられた後に、

年収3,000万円

と聞かされて、嬉しいやら悲しいやら複雑な心境。

しかし、年収3,000万円・バツイチ・歯科医と聞いて思い出しました。

あの時の方だ・・・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク