彼氏とは仲直りできたの?


まおです。

ラジオの生放送が終わってホッと一息。

保坂ディレクターと遅い昼食を取りながら
来週の打ち合わせをしていました。

松浦さんの件や、突然入院したりと、
保坂ディレクターには迷惑の掛けっぱなし。

それでも迷惑な顔一つせず対応し、
今日もいつも通りにリードしてくれました。
 

私の明るい表情を見て
『彼氏とは仲直り出来たの?』
とたずねてきた保坂ディレクター。
 

「あの後、どうなったの?」とかいう興味本位の言い回しではなく、仲直りしたことが前提で質問を投げかけてくれるところが、すごく優しい人だと思った。

男性の気持ちをストレートに聞いてみた

イケメンの保坂ディレクターには
7年間交際している彼女が居る。

確か、同棲して1年半ほどだったと思う。

保坂ディレクターは34歳、彼女は32歳。

恋愛の話になったついでに聞いてみた。
 

「保坂さんは結婚しないんですか?」

『う~ん、今のところ考えてないな』

「彼女さんもですか?」

『彼女は結婚したいと思ってるんじゃないかな』

「保坂さんが、結婚を迷ってるってことですね」

『まぁ、そうだね』

「彼女以上の女性が現れると思っているとか?」

『いや。結婚するなら彼女だと思ってる』

「そこまで想っているのに結婚しない?」

『覚悟が出来ないんだ。彼女の人生を背負う覚悟が』

「背負う?」

『男の責任っていうのかな』

「男の人だけが背負う物でもないと思うけど」

『彼女を一生食べさせてあげなきゃとか、必ず幸せにしてあげなきゃとか、プレッシャーが半端ないんだよ』

「そうこうしているうちに、他の男性に彼女をとられちゃうかもよ」

『それは彼女が決めることだから』
 

え~っ
とられちゃってもいいの!?
 

真面目と言うんだろうな。

 
でも、あんまり彼女を待たせちゃダメだよ。

そう言いかけて口をつぐんだ。

私が言うことじゃない。

保坂ディレクターだって、そんなことは十分承知なはずだ。

それでも踏み出せないんだろう。

結婚って、そういうことなんだな。
 

スポンサーリンク


婚活

考えてみれば、婚活は女性の方が
気楽なのかもしれない。

お相手を『食べさせていかなきゃならない』
なんてことは一度も考えたことはない。

男性はそんなハードルを乗り越えて、
婚活をしているのかな?
 

しかし女性も結婚相手次第で
仕事を続けられなくなるかもしれない。

今まで住み慣れた土地を離れ、
新しい土地で一から自分の居場所を
作らなくちゃならない。
 

そう考えれば女性だってハードルは高い。
 

「好きな人とずっと一緒に居たい」

そんな純粋な気持ちのゴールが結婚だと思っていた頃もあったのに。

いつのまにかピュアな心を失ってしまった。
 

相手に条件を付けて婚活を始めた時は、ちょっぴり罪悪感があったのに、最近はそれが当然になっていた。

相手が自分の希望にどれだけ合うか。

そんなことばかり考えていた。

 

でも、一樹さんとお付き合いするようになって、ピュアな気持ちを思い出した。

バツイチなんて関係ない。

両親に反対されてもいい。

好きだからずっと一緒に居たい。

ずっと一緒に居るために結婚したい。

ただそれだけだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク