まおです。

仕事は3連休のはすだったのだが、

今朝早く、式場から連絡が入った。

「急だけど、ナレーション頼むぜ!」

ホント、急だぜ。。。
 

しかしこの時期、珍しい事ではない。

ある一定の事情を抱えた新郎新婦様の、

急ぎの披露宴のご予約が入るのだ。

少子高齢化のこの時代、ある一定の事情

むしろ喜ばしい事である。

新郎新婦の希望よりも、とにかく順番という

体裁を守りたい御両家の御両親のご希望で、

急な挙式&披露宴の予約が入るのだ。
 

今日のナレーションのお仕事は、

披露宴で流す新郎新婦の紹介VTR。

原稿は、新郎新婦に記入して頂いた

インタビュー用紙を参考に、私が書く。

原稿書きに1時間半。

ナレーションと映像の尺を合わせながら、

録音には30分程かかる仕事だ。

新郎新婦が伝えて欲しい事を

インタビュー用紙から読み取り、

原稿にするのは骨が折れる。
 

私は、すっかり休日モードだったので、

スイッチを入れ直すのが大変だった。

それでも速攻でシャンプーして

お化粧して、45分かけて変身!

既にお昼近くだったので気温は上昇。

日差しも強かった為、日傘を差して出掛けた。

そう、私は紫外線アレルギーだ。

スポンサーリンク

おっ!日傘ブスが来た!!

私を出迎えた式場の男性スタッフA氏(41歳・独身・元イケメン)の言葉だ。
 

まお「日傘ブスってなんですか?」

A氏「え~、知らないの?」

まお「初めて聞きましたけど・・・」

A氏「ブスに限って日傘を差すってこと」

まお「喧嘩売ってます?」

A氏「いや、一般論を言ってるだけだよ^^」

まお「そんなこと言ってるから、いつまでたっても独身なんですよ」

A氏「お互い様だなぁ~(笑)」

まお「。。。。。」

墓穴を掘ってしまった。
 

しかし『日傘ブス』とは穏やかじゃない。

どうやらブスには日傘を差す権利も無いようだ。

日傘ブスなんて言葉が流行るから

今年は日傘を差す女子が少ないのかな?
 

しかし紫外線アレルギーの私にとって

日傘は必需品である。

直接、紫外線を浴びようものなら大変!

気が狂いそうなほど痒い湿疹とだるさ、

そしてUVカットのコンタクトをしていても

夜中に眼球が飛び出しそうに痛くなる。
 

余談ですが、日焼け止めクリームは

紫外線吸収剤不使用を使ってます。

紫外線吸収剤が入っている物は、

日焼け止めが紫外線を吸収することで

日焼けを防ぐらしいのですが、

肌の弱い人には負担になるそうです。

ただ、一般的には紫外線吸収剤の入って

いる方が、日焼け止め効果は高いようです。

スポンサーリンク


A氏が41歳過ぎても独身の理由

まぁ、他人の事なんてどうでもいいんですが

世間話だと思ってお付き合いください。
 

実はA氏、なかなかのイケメンでした。

過去形なのは、40歳を過ぎた頃から

若干腹が出た&頭頂部が涼しくなったから。

しかし30代の頃は、モテまくっていた。

見た目は良いし、話は面白いし、仕事も出来る。

A氏を狙う女どもは常にゴロゴロいた。

従業員やアルバイトはもちろん・・・・・

あろうことか、新婦にまで言い寄られた。

披露宴の打ち合わせをする中で、新婦が

A氏のことを好きになっちゃったから大変!

もちろん披露宴はキャンセルに。

その後、新婦がどうなったかは知りません。
 

とにかく「女に不自由したことは無い」が

口癖のA氏は、常に彼女&取り巻きが居て

二股三股は当たり前の状態でした。

従業員の女性に、A氏の女癖の悪さをこぼすと

「実は私、Aさんと付き合ってます」なんて

言われて、青くなったこともありました。
 

しかしそんなハーレムもいつしか崩壊。

デブ・ハゲ・スケベというレッテルを張られ

今では近づく女性は居なくなりました。
 

そんなA氏に日傘ブスと呼ばれた私。

結婚できないのはお互い様とまで言われた。

最悪の1日だ。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク