婚約指輪で喧嘩って


まおです。

間もなくハリーウィンストンへ到着。

ドキドキしながら店内へ。

ため息が出るくらい素敵な婚約指輪を見せて頂きました。

さすがハイジュエリーブランド。

店員さんの接客も、とても丁寧で勉強になりましたし、何より目の保養になりました。
 

結局、この日は決められず。

一樹さんに『女性の買い物は時間が掛かる』と、笑われながら帰って来ました。
 

スポンサーリンク


もったいない

事件は、帰りの車の中で起きました。

正直、話の流れは、はっきり覚えていません。

『まおさん、遠慮してるから決まらないんだよ』

そんな会話の続きだったと思います。

「遠慮って言うか、もったいない気がして・・・」

思わず口から出てしまった「もったいない」という私の発言が、一樹さんの気分を害してしまったようなのです。
 

「もったいない(勿体ない)」という言葉。

恐れ多いという意味で使うこともありますよね。

「もったいないお言葉」とか。
 

ただ、今回は、話の流れ&私の言い方が悪かったと思う。

一樹さんは「お金がもったいない(無駄)」と取ってしまったらしくって。

つまり、不都合であるとか

ふとどきであるとか

もってのほかである

そちらの意味で受け取ったらしい。
 

スポンサーリンク


言い訳できず

一樹さんからは『そんな言い方ないよね?』と言われてしまった。

恐らくだけど、一樹さんの気持ちをないがしろにした事になっちゃったのかな?
 

例えば、男性が奥様(彼女)の誕生日に指輪をプレゼントしようと、お小遣いを貯めて準備した。

喜んでもらえると思って渡したら「もったいない」と言われた。

もちろん言い方次第なんだけど「指輪なんか要らなのに」と受け取られるだろう。

一樹さんも、そういう感じで受け取ったのだと思う。
 

私も、ちゃんと伝えれば良かったんだけど、最初、一樹さんが何を怒っているのか分からなくって。

「えっ?何で怒っちゃったの?」とプチパニックだった。

「高価なモノでなくても、気持ちだけで嬉しい」と伝えたかったが、上手く伝える自信がなくて言えなかった。
 

これが2月1日の話。

今日は、もう2月6日。

実は、まだ仲直り出来ていない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村