ムダ毛は恥ずかしい


まおです。

一樹さんにムダ毛用カミソリを見られ

『女の子は大変だよね。』

そう言われてしまった。
 

顔から火が出るほど恥ずかしいとは

まさにこんな時に使う言葉だと思った。
 

どんな顔してリビングに戻ろうか?

考えたけど、フツーにするしかない。

3分程して、意を決してリビングへ戻った。
 

テレビを見て、大笑いしていてくれたら。

カミソリの事なんか忘れていてくれたら。

そんな淡い期待は、すぐに裏切られた。
 

一樹さんてば音楽を聴きながら、

ソファーで寝転んで本を読んでた。

それも仕事の専門書(←真面目な本)
 

あぁ、なんか気まずい。
 

スポンサーリンク


春はムダ毛が気になる

何となく恥ずかしくて離れた

ダイニングテーブルの椅子に座った。

『どうしたの?ソファーにおいでよ!』

そう言いながら、ソファーの座面を叩いた。

私に膝枕をして欲しいというサインだ。
 

トホホな気持ちでソファーに座ると、

早速、膝枕で本を読み始めた。
 

内心、膝枕じゃなくても本は読めるよね?

そう思うけれど、これも新婚時代だけだろう。
 

すると『お肌のお手入れ終わったの?』

な~んてストレートに聞いてくる。

ほっといて欲しかったんだけどさ。
 

恥ずかしいところを見られちゃって、

なんだか言い訳をしたかった私。

皆ね、苦労してるんだよね。

とくに肌を見せ始めるはさ。」
 

要は、私だけじゃないって。

私だじゃなくて、皆、ジョリジョリ♪

してるんだよって言いたかったの(笑)

それも春限定だよって。

本当は1年中なんだけど、年がら年中

剃ってるって思われたくなかったの。
 

スポンサーリンク


毛深い?

すると一樹さん、いきなり私のパジャマの

ズボンの裾をめくりあげた!

そしてマジマジと見つめ、手でまさぐり

『剃る必要ある?』だってぇ!
 

そして体を起こすと、私の腕を掴んで

パジャマの袖を引き上げようとする。

「なーにーすーるーのーぉ(`へ´)フンッ。」

全力で抵抗した。

だって、腕はジョリジョリしてない。
 

が、抵抗虚しく腕はあらわになった。

『ちょっと生えてるけど、普通だろ?』
 

『ちょっと生えてる』って言った?

ガビーンだよ(; ;)ホロホロ
 

「一樹さんて、スゴイ失礼!

デリカシーがないね!💢
 

恥ずかしいのと怒れたので

ブチブチ言ってやった。
 

すると『そんなに気になるなら

永久脱毛すればいいんじゃない?』
 

えっ?永久脱毛して良いの?
 

「うん、する(*^-^*)」

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク