看護師さん登場!


まおです。

契約書を記入し、クレジットカードで支払いをした。

手続きが済むと、いよいよ施術室に案内された。

待ち時間はゼロ。

流れるように進んでいく。

緊張している暇もない。
 

受付の女性に案内され施術室に入ると、既に中で看護師さんが待機していた。

もちろんだけど施術室は個室だ。

カーテンで仕切られただけの大部屋施術なんて、絶対に嫌だもんね(-_-;)
 

ただね。。。普通の処置室だった。

アロマの良い香りがして、気の利いたBGMなんかが流れているかなと勝手に想像していたから、フツーの処置室にちょっとガッカリした。

やっぱりエステサロンとは違った。

間違いなく病院寄りの設備だ。
 

よく見れば看護師さんも、フツーのユニホーム。

エステみたいにオサレなワンピースなどではない。
 

非日常の雰囲気の中で、優雅に脱毛して貰えるのかと思っていたので、少々期待は裏切られた。

一般病院の処置室という雰囲気だった。
 

スポンサーリンク


施術部の写真を撮られた

いざ着替えてベットへ!

着替えると言っても、ゴムの入ったバスタオルを胸に巻いただけ。

仰向けになって寝転ぶと

「最初に写真を撮りますね~」

と言われて脇と膝下の写真を撮られた。
 

マヌケよ。

腕を上げて脇を丸出しにしてカシャ♪

足だって中途半端に伸びたムダ毛ボーボーだしね。
 

その後、看護師さんは一旦施術室を出て、1~2分で戻ってきた。

恐らくだけど、医師に写真を見せに行ったのではないかと思う。

施術部の状態を確認したのだろう。
 

写真は保存しておくのかな?

だよね?

ビフォー・アフターの確認用だよね?
 

その場で看護師さんに聞けば良いんだけど、なんだかさ、恥ずかしくてさ(^^;)
 

そして「じゃぁ、始めに剃りますね」って言って、シェーバーで私の脇と足のムダ毛をジョリジョリ♪してくれた。
 

これがね、むっちゃ照れくさいの。
 

想像してみて。

煌々と明るい部屋で、ベットに横たわり、片手を高く上げて脇の下全開!

思い出しただけで笑えるよ。

そもそも、これまでの人生の中で、第三者に脇毛を剃って貰った記憶はない。

そう、人生初体験だ!
 

スポンサーリンク


いよいよレーザー脱毛始まる

目の上に保護用の眼鏡みたいなのをのせて、いよいよ脇から脱毛開始!

看護師さんの手際が良くてね^^

痛かったらどうしようと心配するまもなく照射開始。
 

チチチチ・・・チチ・・・

そんな音が聞こえてきた。

輪ゴムで軽くはじかれるような感じ。

でも、全然痛くない(*^_^*)
 

ただね、すぐに焦げ臭い臭いがしてきた。

どうやらムダ毛がレーザーで焼かれた(表現が正しいかどうか分かりません)臭いみたい。

なんか・・・面白い^^

そう思って居るうちに終了。

両脇で2分も掛からなかったと思う。

結構、早くてびっくりした。
 

続いて足へ。

まずは、仰向けのまま前面を施術。

脇より面積が広いので、連続で皮膚をはじかれる感じ。

若干痛いけれど、全然平気なレベル。
 

ただ「すねはちょっと痛いかも」と言われ身構えた。

うん、痛い!!

まぁまぁ痛い。
 

でも、もっと痛かったのは、うつ伏せになってからだった。

ふくらはぎの下から足首までが

超痛い!

思わず歯を食いしばっちゃった。

痛くて声が出そうだったよ💦

範囲が狭かったから我慢出来たけど、

最初からあんなに痛かったら、

途中で麻酔クリームとか必要だったかも。
 

ちなみにね、冷風を当てながら施術してくれました。
 

施術が終わって着替えると、看護師さんが玄関まで見送ってくれた。

エステサロンみたいにハーブティーかなにか出てくるかなって期待したけれど、やはり病院。

そこまでのサービスはありませんでした^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク