プロポーズの言葉


まおです。

ブログにはズバリ書かなかった。

でも、一樹さんは心に残る言葉でプロポーズしてくれた。

一生大切にするとか、そんなありきたりの言葉も嬉しかった。

だけど一樹さんらしい、飾らない言葉のプロポーズが何より嬉しかった。

ちょっと赤面しちゃうので、ここには書けないけど(笑)
 

そのくらい嬉しかったプロポーズ。

同時に、旧家の長男の嫁としてやっていけるかというプレッシャー。

一樹家企業の役員就任の件。

ブライダルの仕事との両立。

そして起きた、伯父様とのトラブル。

探偵を雇って身辺調査もされた。

そして思いがけず発覚した婦人科の病気。
 

幸せの歯車が、いつのまにか噛み合わなくなっていた。
 

スポンサーリンク


みんな私の味方

結婚式も新婚旅行も、全て私の希望を叶えてくれた一樹さん。

いつも私の味方で居てくれた。

お義母様も一樹さんの弟さんも「嫁」では無く、娘や家族と思って接してくれた。

お茶の作法ひとつ知らず、着物も一人では着られない私を、見守って居てくれた。
 

最初は、離婚歴がある一樹さんのことを気にしていた両親も、一樹さんの人柄に触れるにつき、その優しい人柄を理解してくれた。

最終的に母は「まおには勿体ない」そんな風に言っていた。
 

伯父様が私の実家にやってきてトラブルを起こしたときは、父は「娘と息子の幸せを邪魔するなら、親として黙っていない」そう言って守ってくれた。

一樹さんのことを「息子」と言ってくれたことが嬉しかった。
 

お手伝いの山田さんも鈴木さんも優しい。
 

そしてクリニックのスタッフの皆さんも、歯科の知識を持たない私を受け入れてくれる。

何の専門知識も無いけれど、輪の中に入れてくれる。
 

そんなお世話になっている皆さんに、離婚のことを告げるのは辛い。
 

スポンサーリンク


優しい夫

『あ~、まおさんゴメン。今日も仕事で1日潰れちゃった。日曜日はさ、午後から空くから、まおさんの大好きなコストコにでも行こうか^^』

離婚を決めた妻に、次の休日のデートの約束をする優しい夫。

休診日の今日も打ち合わせで潰れてしまい、体も疲れているだろうに、どうしてそんなに優しくしてくれるの?

分院開業準備も佳境で、私の相手などして居る暇は無いはずだ。

なのに。。。私の事を気にかけてくれているの?
 

うつで砂漠みたいに干上がってしまった心に、小さな小川が流れるような感じがした。

分かりにくい表現だよね。
 

うつになるとさ、何にも興味が無くなるんだよ。

心も頭の中も、カッサカサに乾燥しちゃうと言うか、無になっちゃうんだよね。

そこに水が湧き上がってきた感じがしたんだ。
 

なんでそんなに優しいの?

なんで?

涙が出そうだよ。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク