ロマンティックは台無し


まおです。

一樹さんのでこぴんに対抗して

鼻フックで仕返しをした私。

思いがけない反撃に、最初は、モーレツに驚いていた一樹さん。

こりゃ、叱られるなと覚悟した。

しかし、ツボにハマったらしく、大笑いしていた。
 

そしてひと言、

『まおさんの、そんな所も好きだよ』

って、一樹さん、こーゆーのOKなんですね?

喜んでもらえて光栄です\(^o^)/
 

スポンサーリンク

何だか恥ずかしい朝

眠る時は、布団の中で手を繋いでいたはずが、朝起きたら、ベッドの端と端で眠っていた二人。

慣れない状況下で、お互い寝苦しかったのかもしれない(^^;)

私は、一樹さんを起こさないように、そっとベッドから抜け出し、身支度を整えた。

朝刊を取りに行き、ダイニングテーブルの一樹さんの席に置く。

そして冷蔵庫にあるもので、朝食の準備を始めた。
 

一樹さんが起きてきたのは7時少し前。

『朝から良い匂いがするするね^^』

なんて言われたのが嬉しかった。
 

デーブルで向かい合って朝食を摂った。

トーストと具沢山野菜スープとコーヒー。

『優しい味のスープ、美味しいよ』

そう言いながら食べてくれたのですが、何だか照れくさくって顔を上げられません。

私は「特別な朝」と意識しすぎていたのかもしれません。
 

男の人はどうなのでしょう?

普段と変わらない朝なのかな?
 

この日は月曜日。

一樹さんは、すぐに診察なので、既に仕事モードだったのかもしれません(^^;)

身支度を済ませると『行ってくるね!』と言って、1階の医院へ降りていきました。
 

スポンサーリンク


奥様ごっこ

一樹さんが居なくなると、途端に静かになりました。

朝食の片づけをしながら、結婚したら、毎朝こんな感じなんだろうなと考えました。
 

ここからは「奥様ごっこ」の始まりです。

洗濯機を回している間に、スーパーへ。

近くに24時間営業のスーパーや、コンビニがあるので生活するには便利な場所です。

スーパーから戻って来たのは9時過ぎ。

歯科医院の駐車場に、沢山の車が止まっていたので驚きました。
 

いつも私が一樹さんの自宅を訪ねるのは、休診日か診療の終わる頃。

患者さんの姿が、まばらな時間帯でした。

しかし今日は、待合室にも沢山の患者さんの姿が見えます。

従業員の皆さんが、忙しそうに動いている姿も見えます。

こんなに沢山の患者さんを、どうやってこなしているんだろう。

素人ながらに心配になりました。

お手伝いしなくていいのだろうか?

そう思ったけれど、何も出来ません。

表の入り口付近に舞い込んでいた落ち葉を、5~6枚拾って2階の自宅へ戻りました。
 

交際を始めた当初から、一樹さんは、医院の仕事を手伝ってもらう必要はないと言います。

『まおさんは自分の仕事に集中して』と。

いつも混雑しているのか、今日が特別なのかは分かりませんが、自分が役立たずに思えてきました。
 

何も出来ない代わりに、晩御飯のホワイトシチューを作って、クリスマスのお礼の手紙を書いてテーブルに置いてきました。
 

いつも優しくて、私の仕事にも理解を示してくれる一樹さん。

でも、甘えてばかりじゃいけないな。

そんな大切なことを気付かせてくれた

素敵なクリスマスでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村