ドキドキの原因


まおです。

クリスマスディナーを終えて外に出ると、雨が降っていました。

車までは少し距離があります。

『車をとって来るから、まおさん、ここで待ってて』と言ってくれた一樹さん。

でも私は「大丈夫、走る!」と言って、勢いよく駆け出しました。

その後ろから『転ばないように気を付けて!!』と追いかけて来た一樹さん。

あっという間に追いつかれ、肩を抱き寄せられました。

身長差27センチの私達。

雨に濡れないようにと引き寄せられ「守られている」感じがハンパなくて、胸がドキドキしてしまいました。
 

急いで助手席のドアを開け、私を押し込むように車に乗せてくれた一樹さん。

さりげないエスコートのひとつひとつに、温かい気持ちが伝わって来ました。
 

スポンサーリンク


高速で一樹さんの自宅へ

日曜日の22時近く。

道路は驚くほど空いていました。

きっと皆、クリスマスパーティーの真っ最中なのでしょう^^
 

一樹さんの自宅に着くころには、雨足は強くなり、残念ながらホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、雨でにじむ夜景も綺麗でした。
 

自宅へ着くと、急いでお風呂で体を温め、ソファーで寛ぎながらクリスマスキャンドルに火を付けました。

アロマの香りが心地よく、しばらく二人とも無言で揺れる炎を眺めます。
 

すると、おもむろにソファーのクッションの間から、小さな箱を取り出し、私の前に差し出した一樹さん。
 

もしかして\(^o^)/
 

予想は的中しました。
 

スポンサーリンク

指輪

『婚約指輪をプレゼントしようと思ったんだけど、どんなデザインが良いか迷ってしまってね』

プロポーズは仕切り直しのはずだけど、指輪を探してくれてたんだね(´艸`*)

『だから、婚約指輪は今度一緒に選びに行くことにして、クリスマスはファッションリングにしたんだけど、良かったかな?』

「うん!(^^)!」

「良かったかな?」どころか、すごくイイよ!
 

箱を空けると、パールの可愛らしいリングが。

ブライダルの仕事の時にも付けられるように、パールにしてくれたのだと思う^^
 

『付けてあげるよ』

そう言われて、はたと考えた。

図々しく左手を出してもいいの?

それともファッションリングと言われたから、右手を出せばいいのかな?

私は反射的に両手を一樹さんの前に差し出した。

すると一樹さんは困惑した表情で

『普通、左手じゃないの?』と。
 

私は急いで右手を引っ込めた。

謙虚な気持ち(?)で両手を出したつもりだったが、失敗した(ーー゛)
 

一樹さんは指輪を持ったまま、何か考えている。
 

次の瞬間、一樹さんは・・・

私の左手の親指

指輪をぶっこんだ(;_:)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村