ご機嫌を損ねる?


まおです。

今日は木曜日。

一樹さんとのデートでした。

それなのに、この時間に自宅でブログを書いています。
 

楽しいはずの1日を、台無しにしてしまいました。

一樹さんと喧嘩をした訳ではありませんが、ちょっとご機嫌を損ねちゃったかもしれません。

あーぁ、何やってんだろうな私。
 

スポンサーリンク


スポーツジムでの出来事

今日も、いつものスポーツジムに仲良く出掛けました。

そこでSさんと言う、60歳位の男性とお会いしました。

Sさんは、一樹さんの医院に通って来られる患者さんで、以前にもスポーツジムでお会いしたことがあります。

今日も、私と一樹さんの姿を見て、声を掛けて下さいました。
 

私は、一樹さんの一歩後ろに下がって、二人の話を聞いていました。

建設会社を経営されていて、いかにも「社長さん」という感じの恰幅の良さ。

物事をハッキリ言うタイプで、声も大きい方です。

「仲が良くて羨ましいな」なんて話のあとだったと思います。

「それにしても(私と一樹さんは)意外な組み合わせですね。前のお・・・いや、失礼。」
 

すぐにピンときました。

「意外な組み合わせ」ってどういう意味だ?

きっと「前の奥様とはタイプが違う」と言いたかったのだと思います。

前の奥様は、スポーツが得意だったのでしょうか?
 

スポーツジム通いは、私なりに楽しかったです。

今まで体験した事の無い世界で、とても新鮮でした。

でも、どこかでスポーツマンの一樹さんに対して引け目を感じ、自分の運動能力の無さを痛感していました。

そこに、前の奥様と比較された事で、トドメを刺された形になりました。
 

私は、スッとその場を離れました。

私が居なくなった後ろで、Sさんが、一樹さんに謝っている声が聞こえました。

恐らく一樹さんが私のあとを追いかけてくると思ったので、急いで女性更衣室に逃げ込みました。
 

スポンサーリンク

バツイチ男性

一樹さんがバツイチであることは、あまり気になりませんでした。

普段のお付き合いの中で意識することは全くありませんし、今日、そんなことを言われるまで忘れていました。

ただ、こういうことがあると、世間一般に「再婚」とか「後妻」と言われるんだなと。
 

今は、ブログを書きながら落ち着いてきたので「だから何だ!」って言い返せそうな気分なんですが、スポーツジムで言われた時は凹んじゃって(;_:)
 

一樹さんから『Sさんは悪気があった訳じゃないし、謝っていたから許してあげて』と言われたものの、素直に「うん」と言えなくて。

逆に、一樹さんに問いかけてしまいました。

「一樹さんだって(私の元彼と)比べられたら嫌でしょ?」

すると、物凄く不機嫌な声で

『昔の話なんて聞きたくないよ』

だって。

スポンサーリンク



やっちゃった。

失敗したな。
 

「比べる」とか「比べない」以前の問題で、そんな話自体が不愉快だって事らしい。
 

一樹さんもそうだけど、男の人って、結構、嫉妬深いというか、過去のことが気になるらしい。

女性より、男性の方が嫉妬深い気がするよ。

今後は、気を付けようと思う。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村