真っ黒け


まおです。

ラウンジの舞ちゃんの名刺の件ですが、結局、一樹さんが、お店に入ったのか入らなかったのか、分からずじまいです。
 

しかし、あの夜、キムチ鍋の〆に雑炊を作って出したら、冷凍ご飯と卵を入れただけの雑炊にも関わらず、

『まおさんの作った雑炊、今まで食べた中で、一番美味しい♪』

とか

『まおさん、お料理とっても上手だね』

と、過剰なまでの反応を示した一樹さん。

もはや褒め殺しの域だ。
 

本人は気付いていないようだったが、白状しているのと一緒だな。

言い換えれば、自爆だ。
 

もはや私の中では、黒を通り越して真っ黒けだが、「一樹さんの言うことを信じるよ💛と言って、優しく微笑んで終わりにした。
 

スポンサーリンク


シュレッダーで切り刻む

仲直りの印に、私は一樹さんに箸置きを渡した。

一樹さんは、舞ちゃんの名刺をゴミ箱に捨てようとしたので、私は「シュレッダーに掛けた方が良いよ」と助言した。

たとえ源氏名の名刺だとしても、ビジネスルールでシュレッダーに掛けてあげて欲しいと思ったのですが、一樹さんは別の意味に取ったらしく、青い顔をして戻って来た。
 

そう

私は嫉妬に狂い

ラウンジのお姉ちゃんの名刺を

切り刻む怖い女
 

とんでもない誤解だよ!
 

お陰でその夜は、チュ~💛もして貰えずお開きになりました(p_-)
 

スポンサーリンク


私が悪いのか?

一樹さんの仕事上の男の付き合いに、深い理解を示したつもりだった。

物分かりの良い、良き妻になれそうな女性を演じたつもりだった。

それなのに、嫉妬深い女と思われたのか?

チュ~もして貰えなければ、当然ベッドにも誘って貰えない。

クリスマスも間近だというのに、ロマンティックの「ろ」の字もない。

お互いがお互いを想う気持ちに変わりはないと思うけれど、何だかいつも行き違ってしまう。

どうしたらロマンティックな関係になれるだろうか?

交際して3ヶ月半。

「ボチボチどうだろう?」と思うのは私だけか?

ちょっと追い詰められて来た(-_-メ)
 

クリスマスに賭けろ!
そう思って下さった方は、
どうぞポチッとお願い致します<(_ _)>

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク