心配事


まおです。

昨日から、ちょっとした心配事があり、朝から気持ちが不安定でした。

一樹さんが診察に下りて行って独りになった途端、強烈な不安感に襲われました。

心の底から湧き上がってくるような、言葉に表せないような不安感です。

大袈裟ではなくて、ベットの上で七転八倒してしまいました。

怖くて、恐ろしくて、不安で。。。

今まで感じたことのないような、身の置き所のないような苦しみ。
 

自分で自分の体をさすって「落ち着け、落ち着け。大丈夫。大丈夫。」そう呪文を唱えました。

でも呪文なんて効かず、湧き上がる不安に、うずくまり声を上げて耐えていました。
 

大袈裟って思うでしょ?

私も初めてだったんですが、本当にもんどり打ちました。
 

スポンサーリンク


内線

どうしても不安で自分では対処できず、内線で一樹さんを呼びました。

診察をしている一樹さんを呼び出すなんて、1年ぶりくらいです。

そのくらい体調も悪く、メンタルも不安定でした。
 

10分くらいして一樹さんが急いで戻ってくる足音が聞こえました。

『まおさん、どうした?』

優しく声を掛けてくれる一樹さんの手に、思わずすがりついてしまいました。

「不安で不安でどうしようもない。。。」

そう伝えると、隣に座って背中を撫でてくれました。

『大丈夫だよ。心配ないから。落ち着いて。』

そう言いながら、短い時間ですが話を聞いてくれました。
 

『頓服は飲んだの?』

一樹さんに言われるまで、頓服のことなんて頭にありませんでした。

そのくらいパニックを起こしていました。
 

一樹さんは頓服と白湯を準備してくれて私に飲ませると『横になって眠りな』といってタオルケットを掛けてくれました。
 

スポンサーリンク


1番重症だった

知らない間に眠ってしまった私。

お昼に一樹さんが戻ってきたときには、気持ちも落ち着いて居ました。

お昼御飯を食べながら

『午前中の患者さんで、1番重症だったのは、まおさん。』

そう言われ、笑われてしまいました。
 

仕事中に呼び出しちゃったのに、怒りもせず。

逆に心配してくれて、本当に有難いというか感謝です。

「患者さんに迷惑掛けちゃったかなぁ?」

と申し訳なさそうにする私に

『予約時間通りだから問題ないよ。』

と優しい言葉を掛けてくれました。
 

早く病気を治して、忙しい一樹さんのサポートに回れるようになりたい。

そんな日がくるのかなぁ。

またひとつ心配事が増えてしまいました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク