スポーツジムへ


まおです。

『明日の休みは何しようか?』

昨夜、一樹さんからそう聞かれ、迷わず

「ジムに行く?」

そう提案した私。

『寒いかもしれないけどいいの?』

「大丈夫!ジムの中は暖かいもん。」

即、ジムに行くことが決定した。
 

「午前のヨガの時間に間に合うように行きたいなぁ。」

『じゃぁ、まおさんの支度が出来たら出発しよう。』
 

午前中は体調が良くない私だけど、どうしても確認したいことがあった。

無理をしてでも、重い体を引きずってでも、午前中にジムに行きたかった。
 

スポンサーリンク


白木先生が居た

今朝は頑張ってベットから這い出すと、急いで身支度を調えた。

ヨガは10時からだ。

一樹さんの運転する車で、ジムへ急いだ。
 

ジムの入口を入り受付を抜けると、沢山のマシーンが見える。

その中で紅一点。

白木先生の姿を見つけた。

平日の午前中。

人もまばらで、白木先生も私と一樹さんにすぐ気付いたようだった。

白木先生はトレーニングの手を休めると、私達に挨拶に来て下さった。

「こんにちは。今日はお二人でいらしたんですね。」

『あぁ、白木先生は熱心だねぇ。朝から来てたの?』

「ええ、そうなんです・・・・・」

そんな世間話が始まった。

私はヨガの時間が迫っていたので、挨拶もそこそこに、ロッカーに荷物を入れ、ヨガ教室の行われるトレーニングルームに向かった。

一樹さんと白木先生はしばらく立ち話をしていたようだった。

私はヨガに集中しようとした。

何も考えず、ただただ集中しようと思った。
 

スポンサーリンク


のこのことやってきた女は・・・

やはり白木先生はジムに来ていた。

先週と同じ時間帯。

一樹さんの来そうな時間帯に合わせたのか?

それともたまたまなのか?

妄想は限りなく広がる。
 

ただひとつ言えるのは、ブログ題名の「のこのことやってきた女」は、白木先生のことじゃない。

私のことだ。

情けないけれど、休診日の今日、白木先生がジムに来ているのか確認したかったのだ。
 

ヨガ教室が行われている教室で寝転んでしまうと、一樹さんと白木先生の姿は見えなくなる。

二人一緒にトレーニングしているのか?

それとも別々なのか?

これから毎週、二人はここで顔を合わせるの?

私がひとりでヨガをしている間、二人は一緒に体を鍛えるのか?

考えただけで心が締め付けられそうだ。

情けなくて涙が出ちゃう。
 

ヨガ教室が終わり、ロビーに戻ると、既に白木先生の姿はなかった。

一樹さんが黙々とメニューをこなしていた。

だから二人がどんな様子だったかは分らない。

「次はいつ来ますか?」

なんて話をしたのかしないのか。

そんなことも分らない。
 

帰りの車の中でも、自宅に着いてからも、白木先生の話は出なかった。

私からはしたくなかったし、一樹さんからもあえて報告はなかった。
 

昼食も摂らずに居眠りを始めてしまった一樹さんを、起こそうかどうか迷っている。

そんなに頑張ってトレーニングしたの?

白木先生の前だから?

格好良いとこ見せようと思った?

意地悪な私が心の中で呟いた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク