会員制スポーツクラブ


まおです。

一樹さんに

「どうして白木先生がスポーツジムに居るの?」

「ねえ、どうして?」

「なんで?」

「一樹さんが紹介したの?」

「いつから?」

「入会したの?させたの?」

そう矢継ぎ早に質問した。
 

『落ち着きたまえ』
 

は?これが落ち着いていられるか!?
 

一樹さんが通っているスポーツジムは会員制だ。

もちろん私も会員になっている。

逆を言えば、会員にならなければ利用できない施設だ。

こう言っちゃぁなんだが、毎月そこそこの会費を支払わなければならない。

それに入会金も決して安い金額ではない。

会員紹介割引もあるが、3万円ぽっちだ。
 

つまり、本気で体を鍛える気持ちのある会員ばかりで、若い子や奥様のカルチャーセンターではない。

もっと気軽に利用できるスポーツジムが沢山ある中、わざわざそのジムに入会金を支払ってまでも通うのは、本気も本気。

本気で体を鍛えようと考えて居る人種ばかりである。

まぁ、中には私のように、夫の付き合いでトレーニングしている奥様も居るが。。。
 

スポンサーリンク


一樹さんが誘ったの?

「つまり一樹さんが誘ったってこと?」

『誘ったって言うか、どこか良いとこないかって聞かれたから、こういうところがあるよって教えたんだよ。』

「白木先生って、体鍛えるの趣味だったっけ?」

『興味はあったんじゃないの?』
 

テニスやゴルフをするのは知っていたけれど、高い会費を支払ってまでも、体を鍛えようと考えて居たのかな?

なんか納得いかない。
 

『まおさん、何を不機嫌なの?』

「だって、白木先生に私達が通っているジムを紹介したなんて話、初めて聞いたもん。」

『そう?話してなかったっけ?』

「初耳だよ。。。」

『じゃぁ、今話したから良いだろ』
 

そーゆー問題じゃないんだよ。

今話したから、もう良いだろって話じゃないんだよ。
 

スポーツジムは私と一樹さんのデートコースみたいなところで、そこに白木先生が土足で入って来ちゃった感じがして、ちょっと嫌なんだ。

もちろんプライベートジムじゃないんだから、大勢の人が来て当たり前なんだけど、白木先生だけは嫌だった。

それも私に相談もなければ、報告もないなんて。

なんだかちょっと寂しいじゃない。

私に隠していたとは思わないけれど、あらかじめ、何かひとこと言ってくれても良かったんじゃないかな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク