回転しない寿司屋


まおです。

一樹さんに、回転しないお寿司屋さんに連れて行ってもらいました。

カウンターに座って、壁に掛かっているメニューを見る。

私の大好きなフライドポテトがない。

エビアボカドも・・・ない。

タピオカドリンクなんてあるはずもない。

ちょっぴり残念な気持ちになっていると、隣で一樹さんが『お任せします。』と。

まぁ、そーなるわな。
 

しばらくすると、なんとエビアボカドが出てきた。

へっ?エビアボカドがあるの?

それも一番始めに出された!

変な寿司屋だと思ったけれど、一樹さんが予約の時に頼んでくれたのかも知れないと思った。

何はともあれラッキー♪

大口開けて頬張ろうとしたけど、一貫が大きすぎて口に入らない。

食べようと思うとウガウガなっちゃう。

困ったなぁ~。
 

すると・・・

『まおさん、まおさん、起きて。僕、お腹空いた。』

一樹さんに揺り起こされた(ё_ё)
 

スポンサーリンク


ソファーでうたた寝

そう。今日の昼の出来事。

ソファーに座ってボーッとしていたら、いつの間にか眠ってしまい、お昼休憩に戻ってきた一樹さんに揺り起こされてしまったのだ💦

『まおさん、うんうん、唸りながら寝てたから起こしちゃったよ。』

ギャー!とっくにお昼を回っているじゃないか!!

うわっ、久々にやらかしちゃった。

「ごめんなさい。すぐに準備するね。」

作ってあったオムライスとスープをレンチン♪して、急いでテーブルに並べた。

「ちなみに私、寝言とか言ってた?」

『寝言っていうか、ウンウン唸ってたよ。怖い夢でも見てたの?』

心配そうに言ってくれる一樹さんのお言葉に甘え、怖い夢を見ていたことにしようとも思ったけれど、正直に白状した。

「エビアボカドを食べ損ねた(^_^;)」

一樹さんは大笑いだった。
 

何でそんな夢を見たか分らないけれど、月曜日の夜、お寿司屋を探して食べ歩くテレビ番組を見たからかもしれない(笑)

脳にすり込まれちゃったのかな?
 

結局、今夜、お寿司を食べに連れて行ってもらうことになった。

明日は休診日だから、のんびりお寿司をたらふく食べようという計画だ。

皆さんが、この記事を読んで下さっている頃は、恐らく寿司屋にいるだろう。
 

もちろん回転する寿司屋さんだ^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク