オーベルジュの夜


まおです。

入籍2周年の記念と、私の誕生日のお祝い。

交際期間から含めて、このオーベルジュに宿泊するのは4回目です。

その当時の思い出話に花が咲き、そしてこれから先も、このオーベルジュで記念日を過ごそうと約束しました。
 

その夜は、当然のように仲良く手を繋いでベッドに入りました。

一樹さんに『腕枕しちゃおうかなぁ~』なんて言われて、盛大に吹き出しちゃった私。

改めてそんなこと言われると、可笑しいのと照れくさいので顔が赤くなったけど、闇夜に紛れて分らなかっただろう。
 

でも、腕枕をしながら一樹さんが話し出したのは、大真面目な話だった。

『これからも、まおさんの体調を最優先に生活していこう。

ここ最近は分院の仕事で忙しくしていて申し訳なかったけど、これからは、まおさんにのんびり過ごして貰えるように考えるよ。』

「でも私は、もう随分とのんびりさせてもらっちゃってるよぉ。」

『ならいいんだけど。これから先は、二人でもっと仲良くのんびり過ごそう。』
 

一樹さんは『二人で』を強調していた。

入籍して2年も経つんだもん。

一樹さんの言わんとしていることは分るよ。
 

スポンサーリンク


#不妊症の定義

どこかで読んだけれど、健康な男女が2年間普通に夫婦生活をして子供が授からなければ・・・不妊って言うらしいね。

もしかして私のことかな?

だよね。
 

あんまり良い響きじゃないね。

不妊症って。

自分でもそうじゃないかなって思っていたから、驚きもしなければ悲しくもない。

一樹さんとも不妊治療はしない。

子供は授からなくても良い。

そう結論を出していたしね。
 

よく考えたんだ。

本当に子供が欲しいのか?

私は子供が好きなのか?

子育てをしたいのか?

答えは全てNOだったよ。
 

自己防衛的にそう思うようになったのかも知れない。

それでもいいや。

『まおさんさえ隣に居てくれたらそれでいい』

そう言ってくれる一樹さんの言葉を素直に信じるよ。
 

自分のDNAを残さないと考えると・・・

以前は寂しい気もしたけれど、双極性障害になって考えが変わった。
 

子供の居ない人生を想像するのに時間が掛かったけれど、今は心穏やかだ。

なのに、一樹さんの腕の中で涙がこぼれた。

一樹さんに気付かれないように、シーツの端でそっと涙を拭った。
 

よく泣くんだよ、私。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク