都合の良い女に成り下がる


まおです。

ゲス野郎のことは「元カレ」のカテゴリーで詳しく書いているので、ここでは実際に起こったエピソードより、私の気持ちを書き綴っています。
 

彼は私のことに興味がない。

嫌われてはいないけれど、大切にされていない。

一緒に居てそう思うのに、確認することは出来ない。

そんなこと聞いたって、話をはぐらかされるだけ。

何故なら私は、彼にとって都合の良い女だから。
 

彼の浮気を疑った理由は、過去のブログにも散々書いた。

思いあまって、探偵事務所の尾行を付けた。

最終的には自分自身で尾行した。
 

スポンサーリンク


準備万端

彼の浮気を疑った理由で、ひとつ書いてないことがあった。

ある日、私がシャワーから上がって来た時、彼が新たな近藤さんを枕元に忍ばせて居るのを、この目で見てしまったのだ。

とっさに気付かぬ振りをした。
 

次に私に合うのは1週間先だ。

その時のために準備しておくなんて、気が早過ぎる!

几帳面な性格だったけれど、いくらなんでも今準備する必要はないだろう。

ピンときた。
 

実際に毎週、私が帰ったすぐ後に、別の女性がお泊まりに来ていたのだ。

女の勘は鋭い。

とくに男女関係において、悪い勘はかなりの高確率で当たる。

当たるのがサマージャンボ宝くじだったら良いのに。

世の中、そんな上手くはいかない。
 

スポンサーリンク


一樹さんにも泣かされた

一樹さんが悪いのではないけれど、一樹さんの女性関係にも、一度だけ泣かされた。

松浦さんだ。

歯科医院に開業当時から勤めていて、一樹さんに恋心を抱いてしまった女性。

彼女が秋祭りの晩に持ってきた、手作り重箱弁当の匂いが忘れられない。

今でもスーパーで、惣菜売り場から煮物の匂いがしてくると、胸が苦しくなる。
 

あの時、一樹さんのシャツの腕に付いていた、松浦さんのファンデーションを思い出す。
 

歯科医院も辞めて貰って、もう一樹さんと私の間で、松浦さんの話が出ることはないけれど・・・

半年に1回くらいは、某スーパーですれ違う。

思わず隠れてしまう自分が情けない。

一樹さんには話していない。
 

今は一樹さんのことを100%信頼している。

大切にされている実感もあるし、私も一樹さんのことを大切にしている。

それでも時に、若くて可愛らしい白木先生に、こっそりやきもちを焼く。

一樹さんのことが、そのくらい好きなんだ(´。`)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク