突然のプロポーズ


まおです。

急に黙り込んでしまった一樹さん。

時刻は午前3時を過ぎていました。

ワインも飲んだので、眠くなっちゃったのかな?

「遅くまで付き合わせちゃってごめんね。もう寝ようか?」

返事はありません。
 

何を考えているのかなと思っていると、ワイングラスをテーブルに置き、私の方を向いて座り直した一樹さん。

『まおさん、籍を入れようか?』

それは突然でした。
 

スポンサーリンク


結婚しよう。

「籍?」

『そう、結婚しよう。』

「へぇ?」

このタイミングで、そんなこと言われるなんて思っても居なかったので、鳩が豆鉄砲状態でした。

キョトンとしていると、一樹さんが『「へぇ?」じゃなくて「はい!」と言って』と。

状況が飲み込めると同時に、こみ上げるものがあって、そのまま号泣。

可愛らしく泣きたかったのですが、鼻水まで出て来ちゃって、一樹さんが、慌ててティッシュケースを手繰り寄せてくれました。
 

一樹さんは、手術の前に籍を入れようと言ってくれました。

病院の手続き上も「家族」の方が良いし、一緒に生活していれば24時間サポートしてあげられる。

手術後の検査結果がどうであれ気持ちは変わらないから、1日でもいいから早く籍を入れようと。
 

そこまで言ってもらったのに、私は何も言えなくて、ただただ泣くだけ。

時間だけが過ぎていきました。
 

スポンサーリンク


もう一度プロポーズして欲しい

『まおさんの涙が止まるのが先か、ティッシュが空になるのが先か。』なんて一樹さんに笑われて、ようやく泣き止んだ私。

意を決して伝えました。

「凄く嬉しい。嬉しいけど、今は「はい」と言えないよ。でも、もし私のワガママを聞いてもらえるなら、手術の検査結果が出た後で、一樹さんの気持ちが変わらなかったら、もう一度プロポーズして欲しい」

一樹さんは、なかなか「うん」と言ってくれません。

しかし、私の意思が固いと分かると、渋々承諾してくれました。

『また必ずプロポーズするから、絶対に「はい」と言ってね』と。
 

一樹さんは、私をギュッと抱きしめながら『フラれちゃった気分だ』と笑った。

「振ってなんかないよ。今から「はい」と言う練習をしておくよ」そう伝えました。
 

一樹さんの気持ちは、とっても嬉しかった。

でも今は、プロポーズをお受けするタイミングではないと思いました。

ちゃんと治療して、健康な心と体を取り戻したい。

そして、一樹さんに相応しい女性になりたい。

再び、一樹さんにプロポーズして貰えるような、魅力的で輝いている自分になりたい。
 

全てを悪い方にしか考えられなかった私の気持ちを、前向きに変えてくれたプロポーズ。

いつかちゃんと「ありがとう」の気持ちを伝えたいと思う。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク