恋は盲目


まおです。

どうしてあんなゲス野郎のことを好きになったのか?

今となっては、はっきりとは思い出せない。

正直、焦りもあったと思う。

30歳を過ぎて、このチャンスを逃したらという気持ちもあったかもしれない。
 

今までの男性とは違うタイプの彼に、母性本能的なものをくすぐられたのかもしれない。

とにかく無口で、余計なことを言わない彼に、母のような気持ちで接していた気がする。
 

年齢も近く、甘えたがりの私に、甘えることを許さない恋に、酔いしれていたのかもしれない。

恋愛って、思い通りにいかないことに、ときめいたりするから不思議だ。
 

スポンサーリンク


おかしいな?

そう思うまでに時間は掛からなかった。

私が電話をする水曜日の20~21時、彼はただの1度も電話にでなかった。

今思えば、私から掛けた全ての電話に、出てくれた記憶がない。

決まって23時近くに、彼の方から掛け直して来て、デートの約束をした。
 

毎週水曜日は、当直かと思って居た。

あるいは医師と言う仕事は忙しくて、21時には終われないのだと思って居た。

朝8時から働いているの?

それとも夕方から出勤するの?
 

私は彼に聞けなかった。

聞くのが怖かったのだ。

何故なら、早い段階から変だと思って居たから。
 

聞いたら二人の関係が終わってしまうのではないかと思い、聞けずに居た。

今思えば大馬鹿なのだけど。

恋は盲目と言うじゃない。

好きになっちゃったんだから、仕方ない。
 

スポンサーリンク


隠し事は出来ない一樹さん

私が結婚したのは、ゲス野郎と180度性格の違う男性だ。

一樹さんとゲス野郎を比べるのは、一樹さんに対して失礼だね。

一樹さんは何でも話してくれる。

言い方を変えると、黙ってはいられない・・・とも言う^^

思ったことを口に出さないと気が済まないタイプだ。
 

お昼に戻ってくれば

『体調どう?』

『仕事はかどった?』

『締め切りは間に合うの?』

などど、質問攻めに遭ってしまう。
 

これは相手のことに興味があるって事だよね。

自分の居ない時間に、相手が何をしていたか?

とても気になるって事だよね。
 

私は一樹さんが自宅1階の歯科クリニックで治療をしている事を知っている。

それでも「忙しかった?」くらいは質問する。

一樹さんが、半日どんな風に過ごしたか気になるから。
 

互いのことが気になれば、無口とかお喋りとか関係なく話をする。

それが普通の夫婦や恋人同士だ。
 

でもゲス野郎は私の1週間の行動を、全く聞いては来なかった。

興味がなかったのだろう。

話などしなくても、ベッドに誘えれば、それで良かったのだと思う。

馬鹿な私だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク