フルコース2時間


まおです。

フランス料理のフルコースは、時間にして1時間半も掛からなかったと思います。

平日でお客が2組しかいないので、厨房も渋滞することなく、スムースに料理が運ばれてきました。

どんな料理だったか、今となっては全く思い出せませんが、コテコテのフランス料理ではなく、カジュアルな感じの料理でした。

ただ、最後のコーヒーだかエスプレッソだかが、吹き出しそうになるほど苦かったのを覚えています。
 

料理の後、ローソクだけの暗い店内で、向かい合った私達は、ぼそぼそと会話を始めました。

話が弾む・・・と言うことはありませんでした。

ひとつ質問をすると、ひとつ返事が返ってくる。

ふたつ質問をすると、ふたつ返事が返ってくる。

端から見たら、あまり居心地の良いテーブルでは無いことがバレていたと思います。
 

どちらかというと、無言の時間が怖くって、私の方が喋っていた記憶があります。

しかし一向に弾まない会話。

相手からの質問は『必殺オウム返し』でした。
 

*必殺オウム返しとは・・・相手からの質問を、そのまま相手に返すこと。
 

「日々野さんの、お好きな食べ物は何ですか?」

「魚です。まおさんのお好きな食べ物はなんですか?」

「炭水化物です」
 

そこ!笑うとこですけど!!

と、心の中で突っ込みを入れた記憶があります。
 

スポンサーリンク


交際するのか?しないのか?

食事を終え車に戻ると、夜の街を軽くドライブしました。

車の中の会話も相変わらずで・・・

でも、聞いたことにはキチンと答えてくれ、ゲス野郎はゲス野郎で話題を考えてくれているようでした。
 

悪い人ではないんだけれど、会話もちゃんと成立はするんだけど・・・

ちょっと一緒に居て居心地の良くない相手でした。

私も人見知りなので、これまでも最初から盛り上がったことなどありませんでしたが、それでも今回は・・・。
 

そんなことを考えていると、JRの駅に到着してしまいました。

そろそろ電車の時間です。

助手席でお礼を言って車を降りました。

すると助手席の窓が開いて・・・

「気を付けて帰って下さい。それじゃぁ、また」
 

それじゃぁ、また?

えっ?次があるの?
 

スポンサーリンク


天使か悪魔か

帰りの電車は21時を過ぎていて空いていました。

隅の席に腰掛けて、過ぎてゆく景色を見つめながら考えました。

私、気に入られたのかなぁ?

そう思うと、今まで話が弾まなくて、テンション低めだったはずなのに、何だか急に嬉しくなって来ました。

他人に気に入られて、嬉しくない人は居ないでしょう。

よっぽど嫌いな相手なら別ですが、婚活で初めて会ったお相手に「また」なんて言われて、悪い気はしませんでした。
 

仕事も違えば、地元も違う。

最初から話が弾むなんてことは無理だよね。

今回は共通の話題が見つけられなくて苦労したけど、何度か会ううちに会話も弾むようになるかも。
 

そんな天使の囁きが、まさか悪魔の囁きだっただなんて。

あの一言がなければ、その後の悲劇は回避できたかもしれないと思うと悔しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク