お相手のプロフィール


まおです。

・気に入った点
 初婚
 年上
 外科医師
 年収1200万円
 174センチ・スリム
 インドア派
 住所は中距離だが電車の便が良い

・気になった点
 写真写りが悪い(?)
 休日が会わない

これが後にゲス野郎と分った男の、プロフィール上の第一印象でした。

どんな自己PR分が書かれていたかは、全く覚えていません。

まぁ、以前にも書きましたが、プロフィール文はアドバイザーさんが書いていることもあったので、全く参考にしていませんでした。

それにプロフィールって自己申告だから、書きたい放題。

私だって料理なんか大して出来やしないのに「料理は洋食が得意です」とかなんとか書いてたし。

実際は実家暮らしで、料理なんて滅多にしなかった。。。
 

スポンサーリンク


初めまして

その婚活サイトは、申し込みをした方から連絡を取るというルールがありました。

当時はLINEが一般的になりつつある頃でしたが、まだまだ電話連絡がメインだった記憶があります。

そして私から連絡をしました。
 

最初の電話って難しいですよね。

何時にすれば良いのか?

悩んだ挙げ句、一般的な20時過ぎに1度目の電話をしました。

曜日は覚えていませんが、1度目の電話に彼は出ませんでした。
 

外科医という仕事柄、まだ勤務時間中なのだろうか?

それとも当直か?

2回目の電話をいつ掛けようか迷っていたとき、彼から着信がありました。
 

「はい、まおです」

「先程、お電話を頂いた日々野です。分りますか?」

「あ、はい、もちろんです。わざわざ有り難うございます」
 

細かなやり取りは覚えていませんが、よくある「婚活あるある」で会話が続きませんでした。
 

スポンサーリンク


デートの約束

決して嫌な印象の男性ではありませんでしたが、初めての電話で話は弾まず途切れ途切れ。

ときどき無言の時間が流れ、脇からは冷や汗が流れ・・・。

私はもっさりした男性が苦手。

電話の向こうの彼は、どう想像してもモッサリ系。

これはダメかなぁ~と感じ始めた頃、彼から意外なひと言が。
 

「とにかく一度お会いできませんか?」

「あ、はい。そうですね」
 

彼は電話を掛ける前から、スケジュールを確認していたようで、お会いする日はすぐに決まりました。

金曜日の夜19時。

そうです。

これが地獄への第一歩でした。
 

これからお話しする毎週金曜日の夜のデート。

毎週、愛を育んで結婚へ進んでいると思って居たのは私だけ。

毎週、毎週、三途の川を渡り続けたのです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク