ゲス野郎のせい


まおです。

何故かゲス野郎のことを書きたくなりました。

一樹さんと幸せな結婚生活を送りながらも、ついつい一樹さんの心変わりを恐れる毎日。

それは私の辛い過去に有るんじゃないか?と気付きました。
 

うつ病を理由に、何も出来ない自分に自信が無くて。

でも一樹さんの周りには、若く可愛らしい女性が沢山居て。

そして一樹さんは皆に慕われ、誰にでも優しい。

勘違いする女性がいてもおかしくない。

病気がちの妻に嫌気がさして、間違いを犯してしまうんじゃないか。。。

そんな妄想も飽きるほどしています。
 

情けない私です。
 

スポンサーリンク


医師との出会い

私がゲス野郎と出会ったのは、某婚活サイトでした。

彼のプロフィールを見て、私から申し込みをしました。

申し込みを受けて頂いて、とても嬉しかったのを覚えています。
 

歳は2~3歳上。

年収は1200万円。

175センチでスリムな体型でした。

数字的には申し分のない、お相手だと思いました。
 

しかしネックは休日。

土日休みと書いてありました。

総合病院勤務の彼と、土日はブライダルやラジオの生放送で必ず仕事の私。

デートの都合をどう付けていけば良いのか、皆目見当もつきませんでした。

そしてこれが、後の悲劇につながったのです。
 

スポンサーリンク


自己ピーアール

自己PR文は、物静かそうな男性という印象でした。

今思えば、全く自己PRになっていない(笑)

確か、趣味はカラオケと読書と書かれていた記憶があります。
 

カラオケなら・・・私も歌えるな。

そう思いました。

そしてスポーツはからっきしダメなインドア派の私は、読書と書かれているのを見てホッとした記憶があります。

どんな本を読んでいるのだろう。

それが分れば、デート当日までにお相手の好きそうな本を2~3冊読んでいこうと思いました。
 

今思えば笑ってしまいます。

後に会うのがゲス野郎とも知らず、このときはワクワクしていました。

話もしないうちから「デートには何を着ていこうか?」などど考えていたのですから。
 

ただひとつ、ひとつだけ気になる点がありました。

婚活では、自分の事をなるべく良くアピールしたいと思うでしょう。

許される範囲で、少々盛ってしまえと思うわけです。

しかし彼の「それ」には、自分を良く見せたいという気持ちが感じられませんでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク