うつ病が寛解しない


まおです。

休診日だった昨日。

一樹さんは、1日中、私に付き合ってくれました。
 

体調がすぐれず、ベッドから起き上がれない。

起きて着替えなければ。

身支度を調えたら、朝食を作らなければ。

でも体が動かなくて、涙だけが流れる。

『もう少し寝ていればいいよ』

優しくそう言うと、一樹さんは寝室から出て行った。
 

心が辛い。

理由は分らないけれど、カーテンの隙間から差し込む太陽の光をみるだけで、止めどなく涙がこぼれてくる。

また1日が始まってしまった。

何で私、生きてるの?

何のために今日があるの?
 

泣きながら、布団をかぶって寝てしまった。

スポンサーリンク


ミルクティー

再び目を覚ましたのは10時をとっくに過ぎていた。

私がベットから起上がった気配を感じると、そっと寝室の扉を開けて『お腹減ったでしょ?』と声を掛けてくれた一樹さん。

ミルクティーとバタートーストを焼いてくれた。

私が食べている横で、オレンジの皮を剥いてくれている。

『甘くて美味しいよ。沢山食べな』

そう言いながら、一口大にカットして次々にお皿に載せてくれる。

「そんなに沢山食べられないよ」そう言うと

『じゃぁ、半分こしよう^^』と笑った。
 

私が食べ終わるのを待って、朝の薬と頓服を用意してくれた。

頓服は1日2回まで飲んでも良いことになっている。

『辛かったら飲めば良い。薬に頼ることも、時には必要だよ』

そう言われて飲むことにした。
 

なるべく薬は飲みたくない・・・

私の顔に、そう書いてあったのだろう。
 

スポンサーリンク


優しい夫

『珍しく調子悪いね。どうした?』

「死にたいの」

『何かあった?』

「ない。でも生きているのが辛い」
 

33年生きてきた中で、辛いことは沢山あった。

でも死にたいなんて思うことはなかった。
 

でも今の辛さは、これまでの辛さなんて比べものにならないくらい辛い。

そして辛い理由が分らない。

理由もなく、ただただ辛くて、発作的にあらぬことを考えてしまう。
 

一樹さんは、絶対に私を叱らない。

うんうんと聞いてくれて、泣き出すと背中をさすってくれた。

頓服が効いて眠くなると、ソファーをベットにしてくれて、眠るまで隣に居てくれた。
 

午後になって、やっと落ち着いた私。

一樹さんにすすめられて、着替えて散歩に出ることにした。

手を繋いでゆっくり20分ほど近所を歩く。

暑い日で途中の喫茶店でアイスコーヒーを飲んだ。
 

「このアイスコーヒー美味しい。スッキリして飲みやすい^^」

そう言うと、帰りに一樹さんがコーヒー豆を買ってくれた。

『今度、僕が淹れてあげる』

「うん(*^O^*)」

『まおさんが笑顔になって良かった!』
 

世界一、優しい夫と巡り会えたことに感謝した。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク