休日は良い天気


まおです。

天気も良く、気分も良かったので、お風呂場のお掃除をしました。

『手伝おうか?』と言ってくれた優しい一樹さんだったけれど、休診日くらいのんびり休んで欲しかったので、お断りした。
 

取りあえず脱衣所のシャンプードレッサーから磨き始めた。

歯磨きもここでするので、鏡に歯磨き粉が飛んでるんだ!

性格的に、これが許せない。

鏡はピカピカでないと気が済まないタチだ。

脱衣所は家事室に続いているので、本格的に掃除を始めると時間が掛かる。

適当なところで切り上げてお風呂場へ。
 

スポンサーリンク


ふと暗い過去を思い出す・・

最近、暖かくなってきたので、お風呂上がりはちゃんと拭き上げしないと、黒カビが生えてくる。

しかし毎日のことなので、なかなか大変。

今日は古くなった歯ブラシとカビ取り剤を手に、端っこを中心に磨いた。
 

ついでに排水口も綺麗にしておこう・・・そう思った途端、暗い過去がフラッシュバックした。

お風呂場の排水口で彼の浮気の証拠を見つけた

何で?どうして今頃?

自分の中では遠い過去で、まさか今、フラッシュバックするなんて思わなかった。

あの時のことは、断片的だけど覚えている。

シャワーを出しっぱなしにして洗い場の音を消し、そっと排水口の蓋を持ち上げた。

他人の風呂場の排水口の蓋を「気持ち悪い」なんて、考えている時間もなかったよ。

そしてすぐに見つかった、ウェーブの掛かった細く長い茶系の髪。

ストレートで黒髪の私の髪でないことは、一目で分った。

『やっぱり』

その時の切なく辛い気持ちが、走馬灯のように蘇った。

何で今頃?
 

スポンサーリンク


アイスコーヒー

早々にお風呂場の掃除を切り上げてリビングに戻った。

本を読んでいた一樹さんが『お疲れ様。何か飲む?』と聞いてくれたので、アイスコーヒーをリクエストした。

私の目の前にグラスを置く一樹さんの顔を、マジマジと眺めてしまった。

『どうした?何?』

「ううん、別に。ありがとう。頂きます」

『人の顔にらみつけて、変な子だねぇ~』
 

にらみつけたつもりはなかったんだけどね。

ただ、浮気されたことがトラウマになっちゃって、いつか一樹さんにもされるのかもって、不安に思うことがある。

まさか一樹さんに限って。

まさか自分の夫に限って。

皆、そう思っているのかな。

そう思っていて、浮気されちゃうのかな?
 

ところでだけど、排水口の件は、私が浮気されたんじゃない。

私が浮気相手だったんだ。

そう、本命は別の女。

そしてややこしい話だけれど、排水口のウェーブが掛かった細い茶系の髪も、本命の女の髪ではない。

そう、別の浮気相手の髪だった。
 

事実は小説より奇なり。

フェイクじゃなくて、リアルな話。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク