知ってたよ


まおです。

私の話を、黙って聞いていた一樹さん。

『まおさん、ごめんね。。。』

その声のトーンと雰囲気から

交際を断られると覚悟しました。

仕方ない・・・そう思いました。
 

しかし、次の瞬間、一樹さんの口から、思いもよらない言葉が。

『まおさん、ごめんね。知ってたよ

「え、、、?」

『「知ってた」って言うと、言い過ぎだけど、そうじゃないかなって』

「何で?私、話してないよね?」

プチパニックになりました。
 

スポンサーリンク


スマホの検索履歴

『まおさん、スマホでリュープリン(薬剤名)を検索していたでしょ?』

秋祭りの夜、松浦さんの件で言い合ったあの夜。

私が寝室に立て籠もっていた間に、ダイニングテーブルの上に放置してあった、私のスマホを見たのだそうです。

『沢山のサイトをブックマークしてあったから、もしかしたらと思ってたんだ』

「なんだ、バレちゃってたのか(p_-)」

『言いにくいんだろうと思って、無理に聞かなかったんだ。でも、あの時、話を振ってあげれば良かった。ごめんね。そんなに悩んでいるって、気付かなかったんだ。本当に、ごめんね』
 

合点がいった。

松浦さんの件で言い合って、最終的に仲直りした後、一樹さんは『心配事は何でも話して。他に何かない?困っていることはないの?』としきりに聞いて来た。

リュープリンを検索していた理由を聞きたかったのだろう。
 

それにしても『そんなに悩んでいるって、気付かなかったんだ。ごめんね』って。

一樹さん、神だな。
 

スポンサーリンク


どうして別れ話になるの?

『ところで、どうして別れ話になるの?』

そう言って、一樹さんは笑った。

私は迷惑を掛けたくないこと、負担になりたくないことを伝えた。

『じゃぁ、まおさんは僕が病気になったら「別れたい」って言うの?』

想定内の質問だ。

「仮定の質問には答えられないよ。私が病気になったのは現実だもん」

『あー、まおさん、僕が病気になったら、さっさと捨てる気だね(笑)』

「かもしれないよ」

『僕、残念ながら、そんな薄情じゃないからね。それに「クリスマスイブにプロポーズして」って催促して、僕をその気にさせた責任を取ってもらわなきゃならない』

「ごめんなさい。あれは取消すよ」

冗談交じりに話す一樹さんが、どこまで本気なのかよく分からない。

「明日、私が帰ったら、サイト経由でお断わりしてくれても構わないから」

すると、結構な勢いで怒られた。

『まおさん、俺のこと、その程度の男だと思ってた?そんなに別れたい?』

「別れたくないよ。でも、その気持ちと同じくらい迷惑を掛けたくない」

『全然迷惑なんて思わないよ。でも、まおさんがそう感じるならそれでいい。沢山迷惑かけて欲しいし、沢山頼って欲しい。』

とても嬉しい言葉だった。
 

でも、子供を産めないかもしれないことは、どう考えているのだろう。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク