甘い言葉に誘われて


まおです。

一樹さんの甘い言葉に、騙されるところでした。
 

『まおさん、人当たりも良いし、応対も丁寧で的確だし、ユニフォーム姿も可愛らしくて、歯科クリニックの受付にぴったりだよ!』

なーんて褒め殺されたら、誰だって悪い気はしない。

しかし『受付担当にスカウトしたい』という申し出には、即、はっきりお断りした。
 

だって正直さ、ピンチヒッターだったから頑張れたんだよ。

次の従業員さんが見つかるまでって約束(期限)があったから。

それまで受付というポジションを守らなければって、笑顔振りまいて頑張れたんだよ。

もう一人の受付担当の従業員さんと、受付兼歯科助手の従業員さんに、

「こんなに忙しいんなら辞めます!」なんて言われないように、そりゃぁ、もう必死だったんだよ。
 

それを一樹さん、分ってなかったのかなぁ?
 

スポンサーリンク


私の仕事は・・・

「随分、話が違うね・・・」

『えっ?そう?』

「そう?じゃないよ。結婚しても、医院の仕事を手伝って貰う必要はないって言ったよね?」

もしかして、釣った魚に餌はやらないタイプか!?

『だって、まおさん、なかなか適任で^^』

「そう言って貰えるのは嬉しいけど、私には私の大切な仕事があるんだよ」

『あぁ、そうか。クリニックの仕事は大切じゃないもんね』
 

はぁ?

そんなこと、言ってねぇだろうよ💢
 

皆さんに色々聞いて貰いたくて(愚痴りたくて)、私と一樹さんの全ての会話を書きたいんだけれど、1万文字打っても足りない。

なので途中を省いた、大まかな会話です。
 

要は「自身の仕事は大切だけど、クリニックの受付の仕事は大切じゃないんだ」と感じたらしい。

一樹さんも疲れていたのだろう。

私が本気で歯科クリニックの仕事を軽く見たなんて、思ってはいないだろうけど。

一樹さんだって人間だ。

ストレスのはけ口がなかったのだろう。

珍しく、いや結婚して初めてかな?

愚痴ぐち言われてしまった。
 

スポンサーリンク


仲直り

不穏な時間は15分くらい。

一樹さんが、突然黙りこくったかと思ったら・・・

『まおさん、ごめんね』

そう謝ってきたので、調子が狂った。

「あ、私も、ちょっと言い過ぎた。ごめんね」
 

そんな感じで喧嘩&話し合いは終了。

そして話し合いの中で、ラジオとブライダルの仕事への復帰の許可を取った(*^O^*)

もちろんメンタルクリニックのドクターの許可を貰ったらの話ですが^^
 

正直、一樹さんは、私を家に置いておきたいみたいだった。

それは体調を心配してのことでしょう。

でも、歯科クリニックの受付の仕事をさせておいて、ラジオやブライダルの仕事はダメって言えなかったんだろうな。
 

私も受付の仕事が出来たことで、本業にも復帰出来るんじゃないかという自信になった。

本格的に復職を考えていきたいな!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク