やる気無いっす


まおです。

スタッフが辞めてしまう件で、諸々手続きがあるので、分院に出掛けていった。

『まおさん、余計な話はしなくて良いよ。淡々と退職の手続きをしてあげて』

一樹さんにそう言われていた。
 

どうやら辞めると言ったスタッフさん、「やる気」の糸が切れちゃったみたい。

まぁね、その職場を辞めると決めたら、やる気なんて一瞬で吹き飛んじゃうんだろうな。

一樹さんの言葉の意図は

『退職の理由を根掘り葉掘り聞いたり、退職を思いとどまるように説得などするな』

そういう事だと理解していました。
 

それにしても「やる気のなさ」に驚いちゃった。

横柄な電話対応は、さすがに一樹さんが注意していた。
 

受付は、受付担当2名と、歯科助手さんで回していたのだけれど、辞めるスタッフさんに、もう電話対応を任せられない。

『まおさん、電話鳴ってる!』

そう一樹さんに言われて、電話に出てくれって事だと理解した。
 

スポンサーリンク


クリニックの制服に着替えた

歯科クリニックの受付で、医院長の奥さんと思われる女性が、私服姿で仕事をしていたら・・・

患者さんとしては嫌だよねぇ。

いかにもスタッフの手が足りてない。

私服姿は不衛生に感じるだろう

髪型だって仕事用ではない。
 

覚悟を決めたよ。
 

クリニックの受付の制服に着替え、髪をひとつにまとめ、受付に立った。

辞めるというスタッフは、おもむろに嫌顔をした。

そりゃぁ、嫌だよね。

私だって嫌だよ。

こっちは、うつ病持ちの病人だよ。

本職だって休んでんのに、何でクリニックの受付に居るんだ(T_T)
 

レセプトは勉強したけれど、実務となると役に立たない。

ただ電話に出て、会計をするのみで役に立たなかった。
 

スポンサーリンク


まおさん、似合うね^^

診察時間が終わって、やっと一樹さんと話が出来た。

『まおさん、ユニホーム似合うね。可愛いよ、すごく^^』

そりゃさ、女房に仕事を手伝わせちゃったんだから、オーバー目に褒めておくしかないだろう。

しかし、そんな簡単に乗せられる私ではない。
 

帰りの車の中で、一樹さんと話をした。

今回の退職の理由は「ユニホーム」だったけれど、本当は、もっと別のところで別の理由があったはず。

スタッフの皆さんに、気持ちよく働いて貰えるように、工夫しなければ同じ事が起こる。

人手不足倒産なんていうように、働いてくれるスタッフさんは大切だ。

「雇う」なんて昔の考え方。

「働いて頂く」のが、現在の雇用状況。
 

スタッフルームを広くしたり、お昼のお弁当を支給したり、半日有給や皆勤手当など、福利厚生は工夫しているつもり。

お給料も高めに設定して、パートさんにも賞与を支給している。

残業手当ももちろん支給するけれど、残業が出来ないスタッフさんもいるので、希望に添うようにしている。

でも、それだけじゃダメなんだね。
 

本当に色々勉強になる。

いかに甘っちょろい人生を歩んで来たことかと反省する。

でも、今後もクリニックのユニホームを着るかと聞かれたら・・・

やっぱり本業に戻りたい。

クリニックの受付に座るよりも、ラジオやブライダルの仕事に戻りたい。

ワガママかな?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク