チョコレートだらけ


まおです。

バレンタインデーだった昨日、一樹さんは沢山のチョコレートを頂いて帰ってきました。

分院のスタッフさん達から、本院のスタッフさん達から、それぞれ大きな箱の豪華なチョコレートを頂きました。

有名チョコレートメーカーのバレンタイン用のチョコですから、美味しいに決まってます。

ブラックコーヒーを淹れて、早速、私が頂きました。

一樹さんは甘い物が大好きってワケじゃ無いので、ひとつつまんでお仕舞い。

残りは、私が毎日ひとつずつ頂きます。
 

ところでスタッフさんの中には、これとは別に、個別にチョコレートを下さった方が4人いらっしゃいました。

ひとりは美人でキュートな白木先生。

もうひとりの女性歯科医師の小野先生からも頂きました。

まぁね、一樹さんが色々指導?しているから、個別に下さったのだと思います。
 

はい、分かり易く、ヤキモチ焼いてます。
 

スポンサーリンク


玄関先に・・・

残りの2つは歯科衛生士さんからでした。

そのうちの一人からは、院内でそっと手渡されたそうです。

まぁまぁ、気を遣って頂いてありがとうございます。
 

ところが・・・もう一人の方はですね・・・

なんと自宅玄関のドアノブに引っ掛けてあったので、腰が抜けるほどビックリしました。
 

どうやら分院のスタッフさんが、仕事中に渡しそびれたようで、仕事終わりに本院へ寄って、自宅のドアノブに引っ掛けて帰って行ったのです。

恐らく、分院から帰宅した一樹さんが見つけると思ったのでしょう。

でも残念ながら、最初に見つけたのは、妻のこの私です。
 

玄関扉に引っ掛けた紙袋が風にあおられ、バタバタ音がするもんだから、様子を見に行ったら「あった」ってわけです。

ご丁寧にお手紙も入ってましてね。

さすがに勝手に開けるわけには行かないので、一樹さんが帰宅してから二人で読ませて頂きました。
 

そこには「いつも優しく指導して下さってありがとうございます。一樹先生と一緒に働けてすごく嬉しいです」とかナントカ書いてあった。

そこはさ「一樹先生と一緒に働けて」じゃなくて「一樹クリニックで働けて」と書かないと、ヤキモチ焼きの妻は、まちがいなく噴火するよ。
 

スポンサーリンク


ホワイトデー

さて問題はホワイトデーだ。

一樹さんと相談した。

最初は、本院と分院とひとつずつ買って、休憩室に置いておけば良いと考えたけど、個別に貰ったスタッフにお返しが出来ない。

ならば最初から、ひとりずつに配ろうということになった。

大体値段をそろえて、みんなに別々のお返しをする。

個別に下さったスタッフには、若干高価な品になるようにお返しをする。

しかしあからさまに差を付けるのは難しい。

頭が痛いところだ。
 

妻という立場から言わせて貰うと、既婚男性に高価なチョコを、それも個別に配るのは止めて欲しいなぁ。

ひと目見て義理チョコならOKだけど、皆でお金を出し合って購入したチョコとは別に、手紙付きの高級チョコは止めて欲しい。
 

そうは言いながらも、今日はゴディバのチョコを、朝から5個もつまんでしまった。

ブラックコーヒーと良く合うのよね。

1日1個って決めたのに、いきなり5個も食べちゃって。

ヤキモチも加わって悲しいわ。
 

来年から「バレンタインのチョコ辞退します」って看板出す?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク