新婚生活とは


まおです。

新婚生活って、いつからいつまでの時期を言うのでしょう。

入籍したとき、あるいは結婚式を挙げてから1年くらいかなと、個人的に思っておりました。

恐らく世間一般的な考えとズレはないかと考えております。
 

でも私と一樹さんは、運命の赤い糸で結ばれた、特別な仲良し夫婦!(*^-^*)

互いに(たぶん一樹さんも?)「この人以外に居ない!」そう思って一緒になった。

だから永遠に新婚生活が続くんじゃないかと錯覚しておりました。
 

でも、そんな魔法が、ある日突然解けたのです。
 

スポンサーリンク


妻の存在に気付かない夫

魔法が解けたのは、本日の午前10時過ぎの事でした。

休診日にも関わらず、朝から1階のクリニックで事務仕事をこなしていた一樹さん。

何か必要な物があったのでしょう。

2階の自宅に続く階段を昇ってくる足音がしました。
 

リビングのドアを開け無言で入ってくると、キッチンで洗い物をしている私に目もくれず。

リビングの奥の書斎スペースの本棚をゴソゴソ。

何か書類を手にすると、再び私の横を無言で素通りし、1階へ下りていきました。
 

あれっ?

私、今日、透明人間だったかな?

 

スポンサーリンク


夫婦の会話が無くなると

いつもなら

『まおさん何してるの?』とか、

『体調良さそうだね?』とか

『お昼御飯何なに?』とか

しつこいくらい色々と話しかけてきます。

お喋りな一樹さんですから、ひと言ふた言で会話が途切れることはありません。

(ただし、喧嘩しているときは別です。)
 

なのに今日は、私が居ることを忘れてた?

もちろん、忙しくて色々考えていたのでしょう。

頭の中がフル回転で、私の姿など目に映らなかったのかもしれません。

いや、映っていたけど、空気みたいな存在になっちゃったのでしょうか?
 

夫婦で「空気みたいな存在」って、10年も20年も一緒に居るご夫婦ならいざ知らず。

結婚1年ちょっとで、そんななっちゃうの???
 

永遠に続くと思って居た「新婚」という名の魔法が、こんなにも突然に解けるとは思って居なかったので、ちょっと寂しく思った瞬間でした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク