言葉が見つからない


まおです。

一樹さんとの話し合いを終えて帰ってきて、今、ブログを書いています。

なんと表現していいか、言葉が見つかりませんが、一樹さんて凄い人だなって思いました。

よく喋る人なので、思っていることは全部口に出していると思っていましたが、実は、とても繊細で思いやりがあって、思慮深い人だと分かりました。
 

私のこれまでの人生の中で、そして、この先の人生においても、今日以上に幸せな日はないのではないかと思うくらい、心が温かくなりました。
 

婚活で、こんなに素敵な人と巡り合えるとは思っていませんでした。

神様はいらっしゃった!

そう思いました。
 

「今日のブログのタイトルだけで、もう結果が分かっちゃったよ!」って感じですが、一樹さんと私の出した結論を、数回に分けて綴っていこうと思います。

そして、一樹さんが出してくれた結論に対して、私も一つの覚悟を決めました。
 

お時間がある方は、お付き合いください<(_ _)>
 

スポンサーリンク


一樹さん到着

一樹さんが、迎えに来てくれたのは21時半近くでした。

仕事を終えたばかりで、車を1時間半も走らせて来てくれたので、疲れているのに違いないのに、そんなそぶりは一切見せず。

『寒くない?』

『ご飯食べた?』

『ご両親には、僕の家に行くってちゃんと話してきた?』

と、いろいろ心配してくれていました。
 

高速を走る車の窓から、夜景を眺めながら、この道を一樹さんは何度走ってくれたのだろうかと考えました。

知らず知らずのうちに無口になってしまった私に『眠かったら寝てていいよ』と言う一樹さん。

その優しさに、涙ちびりそうでした。

だって普通なら『話ってなに?』って聞きたくなるはずなのに、無理に聞き出さないで、私が話すのを待っていてくれるのです。
 

スポンサーリンク


なかなか切り出せなくて

一樹さんの自宅に着くと、ミルクティーを入れてくれました。

どでかいマグカップに入って出て来たミルクティーに、思わず吹き出してしまった私。

『夜は長いから、ゆっくりたっぷり飲んで』だって^^
 

そこまで気を遣ってもらっているのに、なかなか話し出せなくて。

私の気持ちを察した一樹さんが、いつもの調子で話を始めました。

LINEで連絡を取り合っていましたが、会うのは10日振り。

仕事の事や、ゴルフコンペで上の先生方を差し置いて優勝してしまい、ひんしゅくを買った話など、面白おかしく話してくれました。
 

あっという間に時間は24時を回ってしまいました。

一樹さんが『続きは明日にする?』と振ってくれたので、私は意を決して話すことにしたのです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク