お義母様


まおです。

夕方、お義母様がいらっしゃいました。

暫く前に連絡があって

「まおさんの顔を見てお話ししたいの」

そうおっしゃっていて、お話の内容も前もって伝えられていたので、特に緊張はしていませんでした。

直前で具合が悪ければ予定も変更するし、パジャマ姿でも、ソファーで横になったままでも構わないと言われていました。
 

今日は穏やかな良い天気で、体の調子も良かったので、近くの割烹に予約を入れて、一樹さんと3人で食事をしました。
 

スポンサーリンク


会食の前に

割烹料理店の個室で、食事の前にお義母様からお話がありました。

「離婚を考えるほど、まおさんを追い詰めてしまって、ごめんなさいね」

座布団を外し、手を付いて頭を下げて下さったお義母様に、腰が抜けるほどビックリしてしまいました。

私が離婚したいと言ったことは、お義母様の耳にも入っていて(一樹さんが話したらしい)、心底心配して下さったそうです。
 

私も病気で判断能力が無かった時とはいえ、簡単に離婚なんていう言葉を口にしてしまったことを、心からお詫びしました。

お義母様は「まおさんは、とても良いお嫁さんだと思うの。一樹が、まおさんを大切にしているのがすごく伝わってくるの・・・」
 

そんな嬉しいお話を頂いた後、本題に入りました。

伯父様との、今後のことです。

年末年始、一樹家には様々な行事があります。

民事裁判には勝ちましたし、私は役員です。

私が、逃げも隠れもする理由はありません。
 

スポンサーリンク


縁は切れた

しかし私は、お義母様にお願いしました。

「公私ともに行われる一樹家の行事に、顔を出すことは遠慮したい。

伯父様に関しては、今後、会って話をする機会は無いだろうけれど、縁は切れたと思っている」

文章にすると強い口調に感じるけれど、実際は、もう少し丁寧な口調で、ゆっくりと伝えました。
 

ちょっと泣きそうになりましたが、隣で一樹さんが

『まおさんの気持ちを、正直に伝えれば良いんだよ』

そう言ってくれたので、涙をぐっと堪えて続けました。

「役員の仕事も、暫くは完全にお休みを頂きたいです」
 

「まおさんの、希望通りにしましょう。いえね、最初から、そうしてあげなくちゃいけなかったのに、無理をさせてごめんなさいね」

本当に優しいお義母様です。

感謝としかありません。
 

その後は、難しい話は抜きで、割烹料理を楽しみました。

食事会後、一樹さんはお義母様を、ご自宅まで車で送っていきました。
 

片道20分程なので、そろそろ戻ってくるはずです。

お風呂の準備をして待っています。

早く帰って来ないかな?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク