結婚指輪は薬指


まおです。

一樹さんと一緒に仲良く羽毛布団に埋もれた翌朝、一樹さんが私を呼ぶ声で目が覚めた。

『まおさん、まおさん、起きて!』

おぅ、これは“おはようのチュ~”だなと思って、寝ぼけながら一樹さんの声のする方へ、ほっぺたを向けた。

すると

『そーじゃない!』

あら、失礼ね。

レディーのチュ~の誘いを断るなんて。
 

それにしても、何で朝から若干キレ気味なの?

どして私が叱られなきゃならんの?

眠い目をこすりながら布団の中でモゾモゾして居たら、急に私の左手を引っ張り出して、薬指に結婚指輪をギュウギュウに押し込んできた。

「あー、朝はむくんじゃってるから無理だって。。。」

『だから昨夜、先に結婚指輪をはめときなさいって言ったでしょ?』
 

あ?なに言ってんだよ。

指輪はめてくれるの待ってたら、一樹さんが仲良し始めちゃったんじゃないか。

私が悪いんじゃ無いよ(-_-;)
 

スポンサーリンク


離婚届と婚姻届

ちょっとムスッとして居たら、強引に布団から引きずり出された。

『まおさん、ちゃんと確認して。離婚届も婚姻届もシュレッダーしたからね』

確かに、のぞき窓から、粉々になった2枚の届出用紙らしき物が見える。

『まおさんが、勝手に離婚届出しに行ったら困るから』

確かにね。

離婚届は二人のサインがしてあった。

テキトーに印鑑押して、テキトーに証人にサインをして貰ったら提出できた。
 

「失礼しちゃう。いくら私でも、黙って提出しないよ」

『今、この世で一番信用ならないのが、まおさんだから!

もう、二度と離婚の話はゴメンだよ💢
 

この世で一番信用ならない人間と夫婦でいるなんて、一樹さんてチャレンジャーだね。

そう言おうと思ったけど、何だか機嫌が悪そうだったので、言葉を飲み込んだ。
 

どうやら早朝から施工予定だった分院の看板が、間に合わないと連絡が入ったらしい。

とんだ八つ当たりだよ(-_-;)
 

スポンサーリンク


二人の朝食

薬のせいで体はだるかったけど、起きたついでに朝食を作った。

いや、作ったのは一樹さんで、私は手伝っただけだ(笑)

トーストとウインナーとプチトマトを添えただけの簡単モーニング。

濃いめのカフェオレをたっぷり淹れた。

食べ終わると、一樹さんが服薬の準備をしてくれた。

朝の薬と、お白湯を用意してくれる。
 

沢山のコメントを頂いて、ふと気付いたのですが。。。

本当に私、幸せだと思いました。

こういった病気を理由に、相手側から離婚を迫られる事例も多い中、一樹さんは全部受け止めてくれて。

なおかつ、何も出来ない私を、今まで以上に大切にすると言ってくれた。

もっともっと甘えてくれて構わないと言ってくれた(涙)
 

ただね、私、痛恨のミスをした。

人生最大のミスだ。

一樹さんが婚姻届にサインするのを見て

「白木先生と結婚するの!?」

大泣きしてしまったのだ。

書くのは止めようと思って、前回はサラッと書いたんだけど・・・

実際は一樹さんが呆れるほどヤキモチを焼いて号泣した。

恥ずかしい。

一生の不覚だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク