離婚届


まおです。

この時の続きを話さなければいけませんね。

離婚するか?それとも婚姻関係を続けるか?
 

一樹さんはソファーから立ち上がって、電話の下の引き出しに入っている、結婚指輪のジュエリーケースと離婚届を持って戻って来ました。

テーブルの上にそれを置き、こう言ったのです。
 

『僕は、まおさんと離婚なんて一度も考えたことがなかった。でも「楽になる」と言われて気持ちが揺らいだんだ』
 

私が一樹さんにした仕打ち
 

『僕は、まおさんの隣に居て、まおさんをフォローしてあげることが一番だと考えていた。

もちろん、まおさんのことを愛しているし、一生添い遂げるつもりでいた。

でも、僕と一緒に居ることが、まおさんの負担になっていて、離婚することで、まおさんの気持ちが楽になると言う。

僕がまおさんを一生守ってあげたいなんて思い上がり。これからも一緒に居たいなんて、僕のワガママに過ぎないのかなと思ったんだよね』
 

スポンサーリンク


涙がこぼれた

私は慌ててしまった。

「楽になるって、そんな意味で言ったんじゃないよ。

一樹さんのことは今も変わらず大好きだし、一樹さんがこれまで一緒にいてくれたから、今こうして自宅で生活できているんだよ。

ただね、役員のこととか、伯父様のこととか、孫を期待されているんじゃないかとか、クリニックのスタッフさんにも負い目があったりして。。。

そう言った全てのことから、解放されたいと思ったの。

決して、一樹さんの思い上がりとか、ワガママとか、そんなことじゃないよ!

そんなことで離婚しようと思ったわけじゃない。

ただ、一樹さんの足を引っ張りたくなかっただけだよ。」
 

色々話をして、全てを覚えていない。

薬のせいにするのは違うかもしれないけど・・・ホント、薬飲むとボーッとしちゃうんだ。

許して。
 

15分くらい話をしたと思う。

すると一樹さんが、離婚届を取り出して、最初に自分の名前を書き始めた。

自分から言い出したのに、一樹さんがサインする様子を見ていたら、涙がこぼれて来てしまいました。
 

書き終わると、

『次は、まおさん書いて』

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク