母から取り調べを受ける


まおです。

実は、一樹さんと初めてデートした日、自宅に帰ると母が待ち構えていました。

母には晩御飯は要らないと伝えてあったので、デートだとピンと来たようです。

自分の部屋に行こうとした私を呼び止め、わざわざコーヒーまで淹れて、根掘り葉掘り聞きだそうという作戦です。

普段から母には友達のように色々話しているので、一樹さんのことも隠さず話すつもりでした。

スポンサーリンク

バツイチであることを打ち明ける

母の第一声は『今度はどんな人?』だった。

『今度は』って・・・(笑)

まぁ、婚活サイトに登録していると、次から次へと紹介されるので、母がそう言う気持ちも理解出来る。

私は、母の質問に一問一答形式で小出しに答えていった。
 

母 『年齢は?』

まお「38歳」

母 『どこの人』

まお「〇〇市」

母 『何してる人?』

まお「歯医者さん」

母 『年収は?』

まお「開業されてるから、それなりね」

母 『長男なの?』

まお「うん。だけど将来的にも同居の必要はないって」

母 『カッコイイ?』

まお「まぁね。でも、お母さんのタイプじゃないかも」

母 『なかなか好条件じゃない』

まお「バツイチを除いてね」

母 『ばっばっバツイチ!!』
 

これ以降、母が口にする言葉は『バツイチで大丈夫なの?』の繰り返しになりました(-_-メ)

スポンサーリンク


バツイチは犯罪者扱い?

少し前に「バツイチ」がもてはやされた時期がありました。

バツ1やバツ2が、男の勲章のように言われたりしました。

“ある程度の年齢で、バツのひとつもついていない男性の方が要注意”という意見も一理あります。

しかし母の世代では「バツイチ」は『悪』と捉えるようで、何か性格的に問題があるんじゃないかとか、女癖が悪いんじゃないかと考えるようです。
 

もちろん私も、お相手にはバツが付いていない方が良いとは思いますが、既に付いちゃってるから仕方ない。

最初からバツイチと聞いていたし、それでも会いたいと思って会いに行ったのだから。

とにかく母は『一度離婚を経験すると、その後も簡単に離婚するに決まってる』

『夫婦生活は我慢の連続だから、その我慢が出来ない人と一緒になっても苦労する』

『何かにつけて、前の奥さんと比べられて嫌な思いをする』

『あなたが子連れで離婚して戻って来ても困る』

などなど、次から次へと反対意見を述べていった。
 

私は「まだ、2回会っただけで、これからどうなるかなんて全く分からないから」と言い残し、自室に逃げ込んだ。

やれやれ、前途多難だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク