離婚届


まおです。

離婚の話をしたあと、離婚届を誰が取りに行くかという話になった。

私は動けない。

一樹さんは忙しい。

両親に頼むのもちょっと・・・

お手伝いの山田さんに頼もうかと一樹さんに話したら、結構な勢いで怒られた。
 

『そんなもの、人に頼むことじゃない』

ごもっともでございます。

でも、実際問題、役所まで取りに行けない。

PDFかなんかでダウンロード出来るのかな?

でも、それすらも調べる気力が無い

もう全てがどうでもいい気分だ。
 

スポンサーリンク


引き出しの中の結婚指輪

今日、あの時の結婚指輪がどうなったのか気になって、引き出しを明けた。

離婚を切り出したとき、自分の指から外した結婚指輪。

一樹さんは、固定電話のテーブルの引き出しに、放り込むようにしまっていた。

とても雑な扱いを受けた気がして、少し悲しかったのだ。
 

引き出しの中で転がって、なくなっちゃったら困る。

離婚するのに、結婚指輪がなくなろうが知ったこっちゃないとは思えなかった。
 

一樹さんも、山田さんも居ないのを確認して、引き出しをそっと開けた。

すると・・・・・

ちゃんと結婚指輪のケースに入れられていた。

一樹さんの指輪と、ふたつ並んで収っていた。

どうやら一樹さんがしまってくれたらしい。

整理整頓は苦手なのに、良く出来ました^^

そんなほんわかした気持ちになったのも束の間、結婚指輪のケースの下に、離婚届があることに気付いてしまいました。
 

スポンサーリンク


離婚は自分が言い出したこと

急いで引き出しを閉めました。

何事も無かったかのように、ソファーに座ってじっと目を閉じました。

なんだ、一人で離婚届を取りに行ってたんだ。

いつ行ったの?

ひと言、声をかけてくれたって良かったのに。

どうして勝手に取りに行ったの?
 

離婚しようと言い出したのは自分なのに、悲しいというか、怒りというか、空しさというか。

この気持ちを表現するのは難しいね。
 

一樹さんと離婚して楽になる反面、もう、本当に生きている意味も無いね。

食事をしていても、何のために食べているのだろうと考えてしまう。

もう生きる目的も無いのに、生き物の命を頂く(食べる)って、こんな矛盾は無いと思う。
 

一樹さんのことは大好き。

誰よりも大切で、誰よりも愛している。

でも、そんな気持ちを伝えるのもしんどい。

自分の体が、どうにも動かない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク