自分の事しか考えてなかった


まおです。

ある日突然「病気です」と言われ、

現実として受け止められませんでした。

ここ数日は、自分の事で頭が一杯でした。
 

結婚できないな。

子供産めないかもしれないし。
 

私も、重大なことをサラッと書いた。

一樹さんが、大事なことをサラッと言うのを真似てみた。
 

ちっとも笑えないな。
 

体外受精とか人工授精もあるとか

最悪、子宮があれば妊娠できるとか

ガンと決まったわけじゃないと言われても

「そんな簡単に言わないでくれ」

思ってしまう。
 

究極は「今生きてるだけで有難いと思え」って事なんだろうが、そこまで悟りが開けない。
 

スポンサーリンク


父が言った

「お母さん、泣いてたぞ」
 

結婚が決まったと喜んで泣き

披露宴が出来なくて可哀想と泣き

病気になって心配だと泣いたそう。
 

短期間に3回も泣かせてしまったらしい。

ごめんね、お母さん。

自分の事しか考えてなかったよ。
 

そんな母を見て、父も悲しかったと思う。

ごめんね、お父さん。

家族の泣く姿をみているお父さんが

きっと一番辛かったよね。
 

「ごめんね」としか言えなくて、ごめんね。
 

スポンサーリンク


一樹さんのこと

今日も、容赦なく続々とLINEが届いた。

『まおさん、お仕事お疲れ様』

『ゴルフ優勝しちゃったよ!』

『木曜日、どこか行きたい場所ある?』

『寒くなったから、土鍋買いに行こうよ』

『まおさん、たまには返信してよ(-“-)』
 

「ごめん、寝てたよ<(_ _)>」
 

噓だよ。

寝てなんかいないよ。

一樹さんのLINEを何度も何度も

読み返していたよ。

返信したくても、

なんて返信すればいいのか

浮かんでこないんだよ。
 

どうしてこんなことになっちゃったんだろう。

どうして今なんだろう。
 

とにかく一樹さんには、

早く話しておかないといけない。

今週の木曜日に、話そうと思う。

優しい一樹さんの負担になると思うと辛い。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク