アラサー南さんの焦り


まおです。

結局、南さんとA総合病院へは行きませんでした。

スマホでA総合病院の消化器外科外来担当表をアップロードし、二人でゲス野郎に間違いないことを確認しました。

その頃になると、南さんも落ち着いて「さっきはごめんね。まおさん、具合大丈夫?」そう心配してくれました。
 

「ねぇねぇ、チョコパフェ食べようよ!遠くまで来てくれたお礼に御馳走するからさ^^」

そう言って、チョコバナナパフェを二つ注文しました。
 

パフェをつつきながら、南さんは話してくれました。

「最近さ、30歳になって焦っちゃったんだよね。まおさんは幸せそうだし、周りはみんなセレブ婚だし」

「焦る気持ちは、すごく良く分かるよ。私も30歳になった途端、マッチング率下がったもん」

「やっぱ、そうだよね。。。」

「申し込みが少なくなった?」

「セレブ男が居なくなった」

「セレブ?お金持ちってこと?」

「違うよ、医者が居なくなった」
 

ここで分かったことがあった。

セレブの基準は、個々に違うと言うことだ。

南さん曰く「お金持ちでも、医者じゃなければセレブ婚にはならない」らしい。

しかし「弁護士はOK」らしいよ。

なるほど、南さんのセレブの基準は、ステータスってことか。
 

スポンサーリンク


正直者は嫌いじゃ無い

言い方にも寄るけど、正直に物事をいう女性は嫌いじゃない。
 

嫌いなのは「どんな男子でも良いですぅ~。紹介して下さい。」とか言っといて、いざ合コンをセッティングしてあげると「顔が悪い」だの「収入が低い」だの「三流大学」だのと、文句を言う女だ。

なら最初から、そう言っとけよと思う。

集まってくれた男子にも失礼じゃ無いか!
 

話はちょっとそれるけど、私と南さんは同じ婚活ネットで活動していた。

アドバイザーさんは違うけれど、似たようなことを言われていた。
 

「最近、女性でセレブ婚を希望される方が非常に多いです。

もし、貴方もセレブ婚をご希望でしたら、女性としての魅力を磨く以外に、ご自身の年収1000万円を目指して下さい。」
 

早い話が、高収入の男性は、収入の低い女性からのアプローチを嫌がるんだそうです。

お金目的と思うらしい。

いや女性は、ほぼお金目的ですけど。

だって、結婚は生活ですから。

まぁ、ちょっと言い過ぎだけど、事実、愛だけじゃ生活はしていけないもんね。
 

ここだけの話、私も南さんもこの金額をクリアーしていた。

MCという仕事ってそんなに儲かるの?って思うよね。

これもやり方次第です。
 

スポンサーリンク


MCはセレブ婚が多い?

南さんが、私の事をセレブ婚と言ってくれたので、そう数えることにします。

私を入れて、現在の結婚式場のMC(司会者)でセレブ婚をしたのは4組です。

A子さんは同級生の形成外科の医師と。

B子さんは医師の家系らしく、お見合いで内科の医師と。

C子さんは、私と一樹さんの披露宴の2次会で意気投合した開業歯科医と12月に入籍予定。
 

C子さんは独り立ち前に結婚が決まってしまったので、年収は1000万円に足りないと思います。

しかし後の女性陣は1000万円超えでしょう。

恐らくA子さんは形成外科のご主人より高収入のはずです。
 

どうやらセレブといわれる男性陣は、高収入の女性を選ぶ傾向があるようです。
 

私も一樹さんに言われたことがあります。

『女性のお金を当てにするつもりは全くない。ただ、年収の高い女性は、経済的にも社会的にも独立していて感心する。刺激を受ける』と。
 

なんだかゲス野郎の話から、話題がずれてきてしまいました。

次回はMC(司会業)で年収1000万円を超えた私の話です。

これが一樹さんとの結婚直接結びついたかは分かりませんが。

でも、今の収入に満足していない女性(男性も)に読んで頂きたいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク