小室哲哉もゲス不倫


まおです。

なんだ、結局、小室哲哉も不倫してたのか?

1年以上前に、KEIKOさんが療養中に、自宅に看護師A子を招き入れて、治療をして貰っていたとか何とか言ってやがったな。

その後、身の潔白を主張しながら引退。

後ろめたいことがないなら、引退する必要はないのに。

不思議に思っていたら、案の定、ゲス不倫だったのかい。
 

当時、小室哲哉とKEIKOさんの療養は美談になっていたからね。

私もちょっとばかし同情してたのに。

裏切られた気分だよ。
 

つい先日、KEIKOさんとの離婚調停に入ったというニュースが流れて残念に思っていた。

そして離婚調停の行われた月曜日の前夜、看護師A子の家族を自宅に宿泊させ、翌朝、お相手の子供を学校まで送迎していたと言うから呆れたよ。
 

世の中ゲス野郎だらけだよ。
 

スポンサーリンク


大好きな一樹さん

世の中にはゲス野郎が多いけど、一樹さんだけは信用できる。

オーベルジュの夜、ベットの中で泣いてしまった私の話を、最後までじっくり聞いてくれた。

一樹さんの第一声は『全部吐き出せた?もう、気が済んだかな?』だった。
 

涙と鼻水でグチャグチャになってしまった私の顔を、ティッシュでキレイに拭いてくれた。

ハンドタオルを水で濡らしてきて、目元を冷やしてくれた。
 

そして言った。

『困っちゃったな。僕は、まおさんを溺愛している。これ以上どうしたら良いかな?』

『最近、分院の開業準備で忙しくて、まおさんとゆっくり話をする時間がなかったね。でも、まおさんの存在を忘れたり、ないがしろにしたワケじゃないよ。』

『朝起きれば、真っ先にまおさんの顔色を確認するし、仕事中だって大丈夫かなって心配している。』

『いつもまおさんを最優先にして居るつもりだよ。』

『まおさんのことは大好きだし、愛している。まおさんの代わりは居ないよ。』
 

スポンサーリンク


うつ病の特徴

『まおさん、人と比べちゃダメだよ。

まおさんは、まおさんだ。

人を羨ましく思うのも、うつ病の特徴だよ。

過去を後悔するのも、過去に戻りたいと思うのもそうだよ。

それは病気のせいだから仕方ない。

病気のことも含めて、僕はまおさんを溺愛している。

クリニックのスタッフや白木先生と、自分を比べることに、何の意味があるのかな?

まおさんは、まおさん。

それ以上でも、以下でもない。

今のまおさんのままで、十分魅力的だよ。』
 

ますます一樹さんが好きになった。

もう誰にも渡したくないと思った。

一樹さんが居なかったら、もう、本当に生きていけない。

嫌われたくないから、もう泣かない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク