うつ病で体調が不安定


まおです。

うつ病の調子が良かったり悪かったり。

気持ちが沈んだり高ぶったりで、家事もブログもしたりしなかったり。

全てを諦めました。
 

一樹さんの良き妻になろうとか

いつも身ぎれいでいようとか

家事を完璧にこなそうとか

仕事に復帰しようとか

もう、ありとあらゆることを諦めました。
 

朝6時に起きて、朝食の支度をすることも

新聞を取りにいって一樹さんに渡してあげることも

行ってらっしゃいのキスも

お帰りなさいのお出迎えも

全て諦めました。
 

今の私には、息をすること以外、自分で出来ることはありません。
 

スポンサーリンク


オーベルジュの夜

大分時間が経ってしまったけれど、オーベルジュの夜、一樹さんの腕枕で泣きました。

一樹さんにおやすみのキスのひとつもして貰えず、『おやすみ』と言われたことが、女性として魅力的に感じて貰えなかったのではないかと思い、辛くなってしまったのです。
 

結婚して1年もすれば、そんなものなのでしょう。

でも、入籍記念&お誕生日のお祝いの夜に、何もなかったことが女性としての自信を失わせました。
 

泣き出した私に、一樹さんは驚いていました。

『えっ?あっ?僕?ごめん、何か悪いこと言っちゃったかな?』

一樹さんは思い当たることを謝り始めました。

『腕枕の首が痛かった?』

『ワインを飲み過ぎたから怒ったの?』

『まおさんの、お誕生日のプレゼントは明日買うよ』
 

どれもトンチンカンで的を得ていませんでした。
 

スポンサーリンク


もっと愛されたい

「違うの。一樹さんを独り占めしたい。もっともっと一樹さんに愛されたい」
 

こうして書くと、歯の浮くようなセリフだけど。

その時は、涙をボロボロこぼしながら話した。
 

一樹さんは大きな勘違いをした。

男性は恐らく、そう思うのだろう。

謝りながらキスをして、パジャマを脱がそうとした。
 

「違う。そうじゃないの」
 

一樹さんは、ピタリと動きを止めた。

『ごめん。分からない(-_-;)』
 

思いつくままに話した。

痩せてしまって、女性としても魅力がなくなってしまった。

髪も肌もつやがなくて、暗がりの下でも見られるのが怖くなってしまったこと。

妻として家事も出来なければ、夜のお相手も出来ない。

女性スタッフが妬ましく思えてしまう自分が嫌い。

白木先生にヤキモチを焼いてしまう自分が惨め。

一樹さんの奥さんにふさわしくないんじゃないか。

毎日毎日、色々なことで自分を責めてしまう。
 

一樹さんに愛されたいのに。

もっともっと愛されたいのに。

どうして良いか分からないくて涙が止まらない。
 

オーベルジュの夜は、涙がとまらなくなってしまった。

そして一樹さんは、黙って最後まで聞いていてくれた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク