二人だけの時間


まおです。

オーベルジュの夜は長かった。

久し振りに仕事を忘れて、一樹さんはリラックスしていた。

お部屋のソファーに座り、窓の外を眺めながら、ワインを飲んでいた。
 

「私もちょっとだけ飲みたいなぁ~」なんて無理を言ってみた。

メンタルクリニックで頂く薬のほとんどは「アルコールNG」と書いてある。

それでも何だか飲みたい気分だった。
 

きっと一樹さんは『ダメ!』というだろう。

ところが・・・だ。

赤ワインを普通のコップに5ミリくらい注ぐと、たっぷりのサイダーで割った。

そして、こぼれんばかりに氷を浮かべると、私に差し出した。

『すんごく薄いワインだけど、まおさんには丁度良いんじゃない?』
 

思わず、可笑しくて吹き出してしまった。

かろうじて色が付いているか?いないか?

お味は・・・サイダーだよ。
 

でも、間違いなくワインも入っている。

「ワインを飲んでいる気持ち」になれる。
 

スポンサーリンク


話は尽きない

ソファーに一樹さんと横並びに座り、お喋りに花を咲かせた。

いつもお喋りな一樹さんだけど、この夜はリラックスしていたのだろう。

いつもにも増してお喋りで楽しかった。

本当にたわいもない話。

お腹を抱えて笑ってしまう話もあれば、鼻で笑ってしまい、一樹さんのご機嫌を損ねたり(笑)
 

2時間近く話していたんじゃないかな?

今思い出しても、何を話していたか思い出せない。

逆を言えば、特別な話題はなくても、二人の話は尽きない。
 

それでも23時近くなり、体も冷えてきた。

『そろそろ寝ようか?』

そう言われて、二人で仲良く歯磨きを始めた。
 

私はいつも叱られる。

『まおさん、力を入れて磨きすぎ。もっと優しく磨かないと歯茎を痛めるよ。』
 

この夜は、叱られないように意識して磨いた。

横目で私の歯磨きをチラ見しながら、監視していた一樹さん。

思わず目が合って、笑ってしまった。

「そんなに見つめられると、磨きにくいんだけどぉ(^_^;)」
 

そんな小さな子供みたいな、些細なことが楽しくて幸せだった。

こんな幸せな気持ちは、本当に久し振りだった。
 

スポンサーリンク


クイーンサイズのベッド

ベットは恐らくクイーンサイズ。

おっきくて、ベットの上でクルクル回転して遊べる^^

ベットもフカフカだけど、枕もふっかふかで頭が沈む。

何だか落ち着かないな^^
 

そんな超特大ベットの真ん中で、肩を寄せ合う一樹さんと私。

腕枕をしてくれたので、ちょっと甘えて抱きついてみた。

『おやすみ・・・』
 

あれ?「おやすみ」なのか・・・。

そっか・・・「おやすみ」なんだ。

なんだか、ちょっぴり寂しい気がした。

期待していたわけじゃないけど。

そういうことを、したいわけじゃないけど。

「おやすみ」って言われると、急に寂しくなってしまう。
 

一樹さん、疲れちゃったのかな?

男の人だって、気持ちが乗らないときはあるよね。

相手が病人じゃ、尚更だよね。
 

女性としての魅力がないのかもしれない。

そう思ったら少しショックでね。

一樹さんの腕の中で、寂しくて切なくて、涙が出ちゃったんだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク