オーベルジュの夜


まおです。

この夜は、いつもと違うお部屋でした。

湖が少ししか見えない代りに、森の中を散策できる小径がありました。

前日の台風の雨で、足下がゆるいので、遠くまでは歩けません。

少し高台になった場所に、テーブルと椅子があって、そこまで一樹さんと手を繋いでお散歩しました。
 

足下が滑るので、何度も何度も振り返りながら、私の手を取ってくれる一樹さん。

『あー、これ、どっちかが転んだらアウトだなぁ~。巻き添えになるパターンだ(-_-;)』

ふたりとも、危険なのは分かっているけど、高台の先にある景色をどうしても見たかった。
 

5分ほどかけ、ゆっくりと登っていった。

するとそこは木々が開け、沢山の星が瞬いていた。

「うわぁ!キレイ☆」

思わず声に出てしまった。
 

スポンサーリンク


何も感じない

何かを見て「美しい」と感じたのは、どのくらいぶりだろう。

うつ病になると、全てのことが色あせて見えてくる。

何をしても楽しくない。

お腹も減らないし、食べたいとも思わない。

食べても味が分からない。

全てのことに興味が湧かなくなる。

テレビも音楽も観たくないし聞きたくない。

仕事もどうでも良くなってくる。

お化粧をしようとか、髪を整えようとか、ましてや着替えも出来なくなる。
 

そんな生活を暫く送っていたのに、今日は、久し振りにワクワクした気持ちになった。

車の助手席で感じる風が、とても気持ち良いと感じた。

ラジオから流れる曲を「あっ、これ良い曲だな!」と思った。

久し振りに、お喋りな一樹さんの会話に、楽しんで付いて行けた。
 

スポンサーリンク


一樹さんの気持ちを確認したい

「今日は、何だかすごく楽しい」

『薬が合ったのかな?良かったね。』

「でも、ちょっと心配なことがある」

『えっ?なに?』

「一樹さん、私のこと好き?」

『は?』

「もしかして、そろそろ愛想が尽きそう?」

『おいおい、何を言い出すかと思ったら、また(気持ちが)落ちて来ちゃったの?』

「お願い、別れるとか言わないで。元気になったら、ちゃんと家事もするし、良い奥さんになるから。だから離婚するとか言わないで(ToT)」
 

すごく情けない話だけれど、うつが重症になってから、一樹さんに捨てられるんじゃないかという不安が大きくなった。

生活の全てが不安なんだけれど、特に、一樹さんに捨てられて独りぼっちになるのが怖いのだ。

今の私は、一樹さんが居なくなったら、生きていけない。
 

一樹さんは手慣れたもので、笑いながら言う。

『今のところ、離婚なんてする気は全くないから。どちらかと言うと、まおさんの方から離婚して欲しいって言われそうな気がするよ(笑)』
 

愛情の口約束なんて、何の意味もないことは百も承知だけれど、それでも尋ねてみたくなるのだ。

そして何の保証もない言葉に、しばしの安らぎを求めてしまう。

一樹さんの腕に、必死にしがみついて「絶対だよ。約束だよ。」

そう懇願してしまう。
 

一樹さんは優しいから、笑いながら肩を抱いてくれる。

『約束するよ。ずっと一緒だよ。』

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク