3回目の誕生日

まおです。

日曜日は、何とか体が動きました。

薬が効いて、気持ちも穏やかで、予定通り10時過ぎにオーベルジュに向けて出発しました。
 

過去2回は、仕事を終えてから車を走らせたので、月夜の風景でした。

でも今回は、台風一過。

突き抜けるような青空の下、一樹さんが車を走らせてくれました。
 

幸いにも私達の地域は、大きな被害はありませんでした。

でも、激しい雨で落ち葉が道路に叩きつけられ、過去に来た時と風景は大きく違いました。
 

途中寄った美術館で、可愛いジュエリーボックスを見つけました。

BGMはパッヘルベルのカノン。

思わず聞き入ってしまいました。

披露宴で良く流す、私の大好きな曲でした。

懐かしさと寂しさで、胸がキュンとしました。
 

『気に入ったなら、入籍記念日の記念に購入しよう。』

そういって、プレゼント用に包装してもらいました。
 

スポンサーリンク


オーベルジュの夜

3回目の宿泊となると、スタッフの方もほぼ顔見知りで、皆さん声をかけてくれました。

「奥様、お誕生日おめでとうございます。入籍記念日おめでとうございます。」

『妻はちょっと体調が悪いので、お料理を全て頂けないのですが。。。』

「伺っております。奥様のお好きな物を、少しずつご用意させて頂きます。どうか気になさらないで、お口に合う物だけ召し上がって下さい。」

フランス料理はコースで出てくるのですが、今回は、ある程度まとめて提供して下さいました。

好きな物を食べられるようにという配慮でした。
 

1日中『妻は、妻は・・・』と私をかばってくれた一樹さん。

「奥様の宜しいように。。。」と気を遣って下さったオーベルジュのスタッフさん。
 

そんな気遣いを頂いて、心穏やかに、楽しく過ごすことが出来ました。
 

スポンサーリンク


一樹さんの妻

もう死にたい。

死んだ方が楽。

いつ死んでも良い。

そう思っていた。

いや、今も思って居る。
 

でも、もう少し一樹さんの妻でいたい。

一樹さんの奥様と呼ばれていたい。

一樹先生の奥様でも構わない。
 

司会やパーソナリティーの仕事をしていく中で、女性もキャリアを重ねるべきと言われ続けてきた。

貴方の名前は「○○さんの奥さん」でも「□□ちゃんのお母さん」でもないよね?

誰かがいなくちゃ、自分の存在を示せないような生き方はダメ。

そんなふうに教えられてきた。
 

でも今は、一樹さんの奥さんと言われるのが何より嬉しい。

一樹さんが私の事を『妻』と外で呼んでくれることが幸せだ。
 

もうちょっと、一樹さんの妻で居たい。

もうちょっと、一樹さんのそばに居たいと思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク