問題は何も解決しないと気付いた


まおです。

最近体調が良く過ごしてきた。

でもここ数日、少しテンションが下がってきた自覚がある。
 

またね、気持ちが沈んで来ちゃったよ。

伯父様との裁判も終わって、ホッとしたのも束の間。

決定的なことに気付いてしまった。
 

メンタルクリニックで頂いた薬を飲んでも、問題が解決しなければ、悩みは解消されないと気付いちゃった。
 

伯父様との不仲は解消されない。

私の婦人科疾患も治らない。

ブログには書けない悩みもいくつかあって、それも解決出来ない。
 

対処療法的に薬を飲んでも、悩みが解決しなければ、いつまでも治らないんじゃないの?
 

一生懸命診察して下さるメンタルクリニックの主治医に「先生、薬を飲んでも、私の悩みは解決しません」と言いかけて口をつぐんだ。

メンタルクリニックって、お悩み相談室じゃないもんね。
 

スポンサーリンク


薬を飲めなくなった

実は、今、怖くて薬を飲めなくなった。

以前から、沢山の薬を長期に飲むことに、大きな抵抗があった。

でも自殺願望が出て、具体的にその方法を探している自分自身に恐怖を覚え、薬にすがった。

薬で気持ちが安定したと言うより、眠くて眠くて考えがまとまらず、自殺すらも考えられなくなった。

おかげで自殺しないで済んだ。

薬を飲んだ効果はあったと言えるのだろう。
 

でも昨夜、眠れなくて何となくスマホを触っていて、あるYouTubeを見つけた。

それは某有名医師が、抗うつ剤などの精神薬を飲み続けてはいけないと話しているものだった。

「精神薬を飲む方が害がある」

「眠剤は2週間以上飲んではいけない」

「○○系や○○系の精神薬は、認知症になるおそれがある」

「害があると分かっていながら、精神科医は薬を出している」

「国内の治療は、とにかく薬を出し過ぎる」

「重症患者以外は、飲んではいけない」

大雑把、そんな内容だった。
 

この医師の専門は、精神科や心療内科ではなく、別の診療科だった。

この医師の言っていることは、正しいのだろう。

でも、現在、精神薬を飲んでいる患者の気持ちを、分かっていないと思った。

そんなこと聞かされたら、怖くて飲めなくなっちゃうよ。
 

スポンサーリンク


認知症

一番ドキッとしたのは「認知症になる」と話していたこと。

思い当たる事があった。
 

ここ1~2ヶ月、とにかく私は予定をブッキングさせまくっていた。

同じ日に3件の予定を入れてしまったのだ。

気付いて予定を変更して貰うのだけど、変更した日にも別の予定が入っていることを忘れてしまっていた。
 

先週は、美容院の予約日を間違えて行ってしまった。

カレンダーに書いておくんだけど、その段階で間違った予定を記入してしまうのだ。
 

怖いのはスタッフのスケジュール管理。

披露宴当日、司会者が来ないなんてことになったら賠償問題だ。

これは三重のチェックが出来るように工夫した。
 

もしかして薬のせい?

長期間、色々な薬をとっかえひっかえ飲んでいたから?

それともたまたま?

32歳で認知症?

若年性アルツハイマーって言うの?
 

もう怖くって、薬が飲めない(; ;)ホロホロ

このブログを読んでいらっしゃる方の中に、お医者様がいらっしゃったら教えて欲しい。

メンタルクリニックで出された薬を飲むのは、正しいの?間違ってるの?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク