キャンドル


まおです。

婚活パーティーで、一樹さんと出逢ってから2年がたちました。
 

なーんにも準備してないよ!

って顔をしておいて、一樹さんがお風呂に入っている20分の間に、大急ぎで準備。

ダイニングテーブルに料理を並べ、お花を飾り、BGMをかけ、灯りを消して、キャンドルに火を付ける。
 

お風呂から上がってきた一樹さんが、目をまん丸くして驚いてた。

『まおさん、やるねぇ~^^』
 

ワインとオレンジジュースで乾杯して、お料理をつまむ。

キャンドルの優しい光とテーブルコーディネートで、私の粗末な手料理が、高級フレンチに見える(笑)
 

スポンサーリンク


他人・恋人・夫婦

私が「もう2年たつんだね」と言うと

一樹さんは『まだ2年?』と答えた。

『僕は、随分前から一緒に居るような気がするけどね』だって。
 

私は、出逢ったときのトキメキが今も続いていると言う意味で「もう2年」と思った。

一樹さんは、居心地が良くて、もうずっと昔から一緒にいるような気がして『まだ2年だと思った』と。
 

もう2年。

まだ2年。

感じ方はそれぞれ違うけれど、どちらも嬉しい。

赤の他人だったふたりが、あの婚活パーティーを境に、恋人になって、夫婦になった。

過去に何度も書いたけれど、一度はお断りしたお相手と結婚するなんて、本当に縁があったのだと思う。
 

ちなみに一樹さんは、名刺入れをプレゼントしてくれた。

『早く仕事に復帰出来ると良いね』

そう言われて泣きそうになった。
 

結婚しても記念日を忘れないでいてくれるって、女性にとっては嬉しいこと。

10年後も、20年後も覚えていてくれるといいな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク