スマホに着信


まおです。

今日の昼過ぎ、一樹さんと昼食を取っていると、一樹さんのスマホが鳴りました。

よほどのことがない限り、食事中に電話を取ることのない一樹さん。

でも今日は違いました。

『ごめん、ちょっと電話に出るよ。』

電話の相手は、すぐに分かりました。

私の代理人弁護士さんです。
 

『そうですか。ありがとうございました。』

電話は僅か1分ほどで終わりました。
 

スポンサーリンク


終わったよ。

電話を終えた一樹さんが、言いました。

『終わったって^^』

その一言を聞いて、思わず涙があふれました。
 

代理人弁護士さんからは、事前に「全く心配ない。」と言われていました。

でも万が一を心配していました。

だから「終わった。」と聞いて、体から力が抜けました。
 

一樹さんに、しがみつくようにして泣きました。

一樹さんは笑いながら、私の背中をトントンしてくれました。

『まおさん、泣かなくても^^』
 

気が付けば、一樹さんの白衣(ブルーのスクラブ)にファンデーションがべったり(ToT)

「ごめんなさい・・・」

で、どうせ汚れちゃったんなら、もう遠慮はいらないと思って、もう一回ガッツリ抱きついて泣きました(笑)
 

もちろん午後の診察は、着替えて出掛けていきました。
 

スポンサーリンク


全て解決?

結局、伯父様側の主張は、何一つ認められませんでした。

数千万円という訴額に対して、こちら側は1円も支払う必要がないことは、言うまでもありません。
 

しかし、弁護士さんをお願いした以上、弁護士費用は発生しています。

時間も無駄になりましたし、何より精神的苦痛は大きかったです。

それを考えると、複雑な心境です。
 

それに裁判が終わったと言うだけで、伯父様との関係が回復したわけではありません。

これまで以上に、ねじれただけです。

「解決」と呼べないのが辛いところです。
 

一樹さんは『あれこれ考えるのは止めよう』と言います。

『まおさんに辛い思いをさせて申し訳なかったけど、もう忘れて前に進もう』と言います。
 

一樹さんの言うとおり、これで気持ちに区切りを付けたいと思います。

今夜は、久し振りにぐっすり眠れそうです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク