心療内科と精神科の違い


まおです。

精神科(精神神経科)と心療内科は、別々の診療科だと最近知りました。
 

精神科(精神神経科)は、「こころ」の病気そのものを治療する科。

躁うつ病や統合失調症など、精神的な症状が強く表れる神経障害の治療を行うのだそうです。
 

一方、心療内科は、様々なストレスが原因で、おもに「からだ」に症状が現れる場合、その症状と病気の治療をするのだそうです。

様々な検査をして異常がない場合、心療内科の受診をすすめられるようです。
 

私が受診している病院は、精神科と心療内科の両方の診療科を掲げています。

今まで自分は心療内科を受診していると思っていました。

でも、どうやら精神科だったようです。

まぁ、どっちでも良いんですが・・・ちょっとショック。

心療内科なら「か弱き乙女」的なイメージも、精神科だと「いかにも病んでる」って感じ。
 

今更どっちでも良いです。

どっちでも良いと言いながら、結構気にしてます。
 

スポンサーリンク


2時間待ち

メンタルクリニックって、繁盛しているクリニックと、そうでないクリニックの差が著しいです。

(歯科医院もそうですが)

私が通院しているクリニックも、予約時間に行っても1~2時間待たされます。

今日も17時の予約で行ったのに、2時間待ちの2分診療。

会計を終えて病院を出たのは19時半でした。
 

それでもそのクリニックに通うのは、先生がちゃんと話を聞いて下さるから。

たった2分の診察でも「診てくれている」と感じるからです。
 

比較的気分が良かった今日は、少し時間を持て余してしまいました。

いつもならそんな余裕はないのですが、今日は人間ウォッチングにはまってしまいました。
 

待合室の椅子が足りないくらいの賑わいを見せていた夕方。

患者さんの年齢層は20代~50代と幅広く、男女比は半々くらい。

付き添いのある患者さんが4割ほどいらっしゃいました。

私もそうですが、一人で通院するのが難しいのかもしれません。
 

スポンサーリンク


私はどのタイプ?

実に様々なタイプの患者さんがいらっしゃいました。

本を読みながら、突然大声で笑い出す30代くらいの男性。

ひたすらスマホの画面を見てゲームに熱中する20代の男性。

席が空いても座ろうとせず、通路の真ん中で立ち尽くしている30代の女性。

10分おきにトイレに行く初老の女性。

床が抜けそうなほど貧乏揺すり(?)が激しい若い男性。
 

中には楽しそうにLINEを打っている中年男性もいる。

待合室の料理本のレシピを、スマホで熱心に撮影している中年女性は、いかにも健康そうで元気そうだ。
 

こんなことを言っては失礼だけど「決して近寄ってはいけない」と感じる患者さんが2割。

見た目は元気そうに見える患者さんが3割。

残りの5割は「見えない何かを抱えてる」と思える患者さん達だ。
 

ふと思った。

他の患者さんから、私はどのように見られているのだろう。

「いかにもうつ病患者らしいオーラーが出てる」と思われているのだろうか?
 

まぁ、どうでもいいか。

他人になんと思われようと構わない?

いや、そうは思えない。

他人の目が気になって来たのは、良くなってきた証拠なのかな?

自分が良くなってきた、治ってきた、安定してきたと思いたい。

その根拠を見つけたいと焦ってしまう。

ダメダメ、焦ったらダメだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク