楽しかった温泉旅行


まおです。

結局1泊2日の間に、大浴場と内風呂に5回も浸かった一樹さん。

『体がふやけた』って。

そりゃぁ、そーだよね(´。`)
 

夜は雨が上がっていたので、

お部屋にある中庭に出て夕涼み。

仲居さんが蚊取り線香を焚いてくれた。

くるくる渦巻き状の蚊取り線香が珍しくて、立ち上る煙を見ているだけで面白かった。
 

本能寺一樹さんの実家では、今でも庭先で焚いているそうで、懐かしそうに眺めていた。

子供の頃に、お父様と縁側に座って、スイカを食べたことを思い出したそうだ。

『親父が生きていれば・・・』

そんな話を聞きつけた仲居さんが

「スイカをお持ちしましょう」

そういって厨房に走って行ってくれました。
 

持ってきて下さったのは、いかにも縁側に座って食べるにふさわしいスイカ。

上品な飾り切りなどではなくて、4分の1にブッタ切ったあと、適当な大きさにザックリカットしてある。

いかにも日本の夏って感じで、一緒に食卓塩も持ってきて下さって、一樹さんと一緒に美味しく頂いた。
 

スポンサーリンク


マッサージ違い?

風情のある旅館で、料理も美味しく、仲居さんも親切。

「マッサージも24時まで受け付けてますから、いかがですか?

マッサージサロンでもお部屋でも、どちらでも大丈夫ですよ」

そうすすめて下さったのですが、

一樹さんがお断りしました。

『今日は妻が一緒ですから。

妻以外じゃ満足しないんです』

「ふふふっ。仲が宜しいのね♡可愛らしい奥様だものね。では、邪魔にならないように退散します。ふふふ♡」
 

んん?
 

なんか、変なマッサージと勘違いされてない?

一樹さんも『妻以外じゃ満足しない』って、なんとも中途半端な返事をしたもんだから、話がややこしくなった。
 

『夫婦なんだから、勘違いされたって問題ないんじゃない?』

「それでもさぁ・・・」

言いかけて止めた。

一樹さんは、既にマッサージを受ける体勢で待っていたから。
 

マッサージを始めて5分もすると、

スースーと寝息を立て始めた。

途中、体勢を変える度に少々覚醒するけれど、すぐにまた夢の中へ。
 

このタイミングでゲス野郎のことを告白する度胸はない。

穏やかで静かにゆっくり流れている時間をぶち壊す勇気もない。
 

最初から分かっていたけれど、

ゲス野郎のことは打ち明けられなかった。

 

スポンサーリンク


熱出た!

翌日は軽く観光をして、お土産屋さんを回り、20時前には帰宅した。

温泉饅頭や温泉たまご、他にも露天に並んでいた味噌田楽など、沢山つまみ食いをしてお腹がパンパン。

久々に「体重計に乗るのが怖~い!」そう言って、一樹さんと笑った。
 

ところが・・・だ。

『まおさん、日焼けした?ほっぺた赤いね』

「そう?紫外線アレルギーって言われたことあるけど、雨降ってたし・・・」

で、一樹さんがいきなり私のおでこに手を当てて、

『まおさん、もしかして熱ない?』
 

はい、ありました。

体温計を引っ張り出して測ったら、38度ジャストでございました(-_-)
 

そんなわけで、昨夜はブログも更新できませんでした(_ _)

解熱剤が効いたのか、今は37度に落ち着きまして、特別具合の悪いところもありません。

ちょっと頭が痛くて肩が凝ってるくらいかな?
 

なのでベッドから抜け出して、洗濯などをしていました。

が、見回り(?)に来た一樹さんに怒られまして、すごすごとベッドにベッドに引き返した次第です。

でも一樹さんが居なくなると、こうしてブログを更新しています。
 

この後は、ちゃんとベッドで休みますよ^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク