プロポーズの後にするべきこと


まおです。

一樹さんとの電話を切った後、ふと考えた。

あれはプロポーズだったのか?

仮に、プロポーズたとしたら、この後、何をするべきか?

一応、母には伝えておくべきだろう。

バツイチの一樹さんとの交際を、諸手を挙げて賛成していない母に伝えるのは緊張するが、取り合えずの方向性(結婚に向かう)だけは伝えておかなければならない。

私は、母の居るリビングに向かった。
 

スポンサーリンク


ドクターX

父は、まだ仕事で戻っていなかった。

母はコタツでみかんを食べながら、録り溜めた米倉涼子主演ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』を真剣な眼差しで観ていた。
 

「お母さん、あのさ・・・」

『なに?今、TV観てるんだけど』

「そのままでいいから聞いてよ」

『何?』

「私、結婚するかもしれない」

『いつ?』

「夏くらいかな」

『夏はダメだよ。訪問着で袷か絽か紗か、皆が悩むよ』

「大丈夫、式と披露宴はしないから」

『ならいいか』

これで終わり。
 

スポンサーリンク


結婚ってこんなもんか?

私も悪かった。

大好きなドクターXを集中して観ている母に、割り込んで話をしたから。

だけど、ドクターX9割娘の話1割って、どう考えてもおかしいよな?

喜ぶなり、反対するなり、何かしら反応が欲しかった。

娘の結婚って、そんな大事じゃないのかな?

それとも、心中複雑であんなそっけない態度になったのかな?
 

一樹さんのプロポーズも、母の反応も、イマイチ過ぎて、どうしていいか分からない。

結婚なんてこんなものか?

淡々と進んでいくのか?

いや、違うだろう。

互いの両親への挨拶とか、両家の顔合わせとか、結納とか。

まぁ、結婚式と披露宴をしないのなら、そんなに忙しくはならないし、二人のペースで話は進むだろう。

楽ちんだ♪
 

だけど、これで花嫁衣装も着られないし、友達に花嫁姿も見せられないと思うとちょっと寂しい。

仕事でチャペルに出入りすることが多かったが、決してバージンロードは歩かない(踏まない)ようにしていた。

仕事で結婚式が日常になってしまっても、バージンロードだけは自分の挙式の時に、初めて歩く場所にしておきたかったから。

でも、それも夢になっちゃった。
 

だけど、大事なのは花嫁衣装を着ることじゃない。

花嫁衣装を着るために結婚するんじゃない。

一樹さんと、ずっと一緒に居たいから結婚するんだ。

それだけで十分幸せだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク