見たことのない男性


まおです。

役員会の会食の場となった料亭。

仲居さんに案内されて、

何の警戒もなく部屋に入った。
 

「先程は、どうも。」
 

うわっ!!

心の中で叫んだよ。
 

間違いなく、株主総会の終わりに

株主席から声を掛けてきた男性だ。
 

誰だこの人?

どうして役員会の会食の席に?
 

いろいろ疑問に思ったけれど、

株主総会で無視してしまった以上

ここは、とぼける以外に方法はない。
 

「すみません。どちらかでお会いしましたでしょうか?」

「あぁ、失礼しました。総会に出席させて貰った金原と言います。」
 

スポンサーリンク



金原と名乗った男性は、おもむろに名刺を出してきた。

で、名刺交換。

そこには「ABC商事 代表取締役」と書いてあった。

聞いたことのあるような社名だけど、このときは思い出せなかった。
 

私の名刺を見ながら、金原という男はモノ言いたげ。

「どうかされましたか?」

「ラジオ聞いてます。そちらの名刺を頂けませんか?」
 

あぁ、そういうことか。

今日はラジオの仕事ではないので、名刺を交換するか悩んだ。

でも「聞いてます」と言って頂けると、なかなか断れないよね。

もう一枚、名刺をお渡しすると、非常に喜んで頂けた。
 

恐らく、席順は決まっていたと思う。

しかし金原という男性が、

私の隣に座ってしまったので、

他の役員が席を移動することになった。
 

知らない男性の隣で食事って。。。

嫌だなぁ~。
 

スポンサーリンク



会食が始まると、金原氏は速攻で伯父様の話題を振ってきた。

「裁判になったって本当なの?」

こういうの、非常に困るんだよね。
 

何で知ってるの?

あんた誰だよ?

いきなり失礼だよ。
 

「すみません。プライペートなことなので、ちょっと。。。」

「プライベート?元をただせば、会社のトラブルでしょ?」

「本当にすみません。その件は、お話し出来ません。」

「困ったことがあったら言ってよ。相談に乗りますよ。」

「相談に?」

「ええ、相談に乗ります。」
 

この人、身方なの?

そう思ったら、無下にも出来ず。

とにかく、しつこいのなんの。

困り果てて、お義母様を探したけれど居ない。

食事に箸も付けられず、困ってキョロキョロしていたら、一樹さんの弟さんが気付いて助けに来てくれた。
 

「金原社長、ここにいらっしゃったんですか。今日はありがとうございました。」

そう言いながら、弟さんは私の席に陣取り、私は弟さんが座っていた席に移動することが出来ました。
 

後から、弟さんから連絡があって

「あの人は、伯父寄りの人(伯父様派)」

まおさんは相手にしない方が良い。

今後、もし同席することがあっても

理由を付けて上手く逃げて。」
 

危なかった!

あの男は、身方じゃなくて敵だった。

では、何のために「相談に乗る」などと言ったのだろう。

伯父様の差し金かな?

なんだか嫌な予感がした。
 

そして私の予感は、早速当たった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク