残されたメッセージ


まおです。

昨夜、ゲス野郎からショートメールがあった件の続きです。
 

一樹さんと1時間くらいかけて夕食を取った後、片付けを終え、バスルームへ向かいました。

見つからないように、そっとスマホを脱衣所に持ち込み、電源を入れると・・・

ゲス野郎から、3通目のショートーメールが入っていました。
 

「度々すみません。いつなら電話しても良いですか?日時を指定してくれたら、その時間に掛けます。」
 

ゲス野郎は、どうしても連絡を取りたいようです。

用件は書いてないので分かりません。
 

何の用件なのか気になります。

でも、ショートメールを、

一樹さんに読まれる可能性があるので

用件が書かれていない事は助かります。
 

スポンサーリンク


ショートメールに返信をした

いろいろな可能性を考えて、

このまま無視するのは

得策ではないと思いました。
 

ゲス野郎がショートメールに、

用件を書き込んでくるかもしれない。
 

しびれを切らし、突然、

電話をしてくるかもしれない。
 

その時、となりに一樹さんが居たら・・・
 

返信をしよう。

そう決めました。
 

いつまでもシャワーの音が聞こえなければ、一樹さんが心配して様子を見に来るかもしれません。

私は急いでショートメールに返信しました。
 

「まおです。月曜日の17時~18時に連絡を下さい。それ以外は、掛けないで下さい。」
 

この時間なら、お手伝いの山田さんは帰った後です。

一樹さんは19時過ぎまで仕事です。

通常は平日の夕方の時間は

仕事帰りの患者さんで混み合うので、

一樹さんが自宅に顔を出す可能性は

極めて低いだろうと思いました。
 

スポンサーリンク


相手の都合など知ったことか

バスタブに浸かりながら考えました。

私は、ゲス野郎の現状を知りません。

でも、恐らく指定した時間は、

外来の診察も終わっているでしょう。

当直で緊急の手術でも入っていない限り

電話くらいは出来る状況にあるでしょう。
 

逆に、あまり遅い時間だと、

自宅から掛けることは難しいだろうと。

奥さんも居れば、子供さんも。。。

もう1歳の誕生日を迎えたはずです。
 

ふと我に返りました。

私は一体、何をしているのだろう。

相手の都合など知ったことではない。

何を親切に、ゲス野郎の都合まで

考えてあげているのだろう。
 

馬鹿じゃないか自分。
 

あんな最低男の心配なんてする必要はない。

自分の事だけ考えよう。
 

とにかく一樹さんの耳に入れないように

何事もなく無事に解決したい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク